« Mr. First Lastって誰よ。 | トップページ | シドトポ駅に行ってみました。 »

2012年9月 6日 (木)

事故りやがった…

そんなわけで昨日の帰路のCitilinkのフライト、(乗客が一人行方不明で預けた荷物の確認等で15分ほど待たされたものの)フライト自体はすこぶる快適で、無事にスラバヤ着。35〜45万と料金も安いし、暫くはこれ使うかな。LCCだから水も有料だけど、国内線だから持ち込み問題ないし、たった70分のフライトだしね。

そしてそのまま出勤すべく空港に迎えにこさせたクルマで市内に入り、Satelitのインターを降りて暫く走ったところで、あっ近い、危ないと肩を竦めた瞬間、鈍い音と振動に襲われた。左後部が左側車線のタクシーと接触したらしい。逃げるなよー、とクルマから飛び降りてタクシーの前に立ちはだかると、向こうも血相を変えてコノヤローと凄んでくる。
近くにPos Polisiがあったので早速警官が現れ事情聴取。その後連絡を受けて保険会社の調査員が暫くして現れ、どっちが悪いかについては警官も判断せず。お互い自分のクルマは自分で直すことで合意することに。今回も明らかにタクシー側の前方不注意だと思うんだけど、まあ、明らかに先方が悪かったとしても、当地のクルマ、タクシーやミニバス、バイクなんかは保険に入ってないことが殆どで、支払能力なし、結局は自分で直すことになるのが殆どで、今回も保険屋が「それでいい」と言ってるんだから、もうそれで納得するしかないんだろう。
こちらはオーバーフェンダーとサイドステップが擦り傷になってる程度でボディには影響なく、保険使用時の最低自己負担分20万ルピアの支払ということで、実害は大きくないんだけれど、まあ不愉快この上ないですなあ…。
Fortunerp1180494
左サイドステップからリアフェンダーにかけての擦り傷。ボディが凹んでないのが不幸中の幸い…

|

« Mr. First Lastって誰よ。 | トップページ | シドトポ駅に行ってみました。 »

コメント

O塚さん、
そうですね、まあ幸いと思わなきゃいけないですね。
我々は必ず対人無制限、対物も相手方車両は直せるくらいの保険には入りますが、ここの人(特に営業車)は「金がないから」保険入ってない人多いですね。金持ちは自分の高級車を修理できるような保険に入ってるでしょうけど。
こちらがクルマに乗っていれば自分の保険で車両や、場合によっては自分の怪我の治療代も出せますが、歩行者を死傷させた場合にどうなるのか、とても気になります。。。

投稿: 落花生。 | 2012年9月16日 (日) 01時50分

ご愁傷様です。これは悔しいですね。まあ怪我が無かっただけでも有難いと思わないといけないですね。

こういった事故処理も郷に入れば郷に従えという事なんでしょうね。
ところでインドネシアなんて一部の富裕層を除けばクルマなんて道具感覚で使っており傷つけてもそのまんま…なんて感覚のように見えますが、事故、トラブル時に相手のクルマを綺麗に直して補償するとか車両保険なんてあるのでしょうか?。

投稿: O塚 | 2012年9月14日 (金) 17時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/55612132

この記事へのトラックバック一覧です: 事故りやがった…:

« Mr. First Lastって誰よ。 | トップページ | シドトポ駅に行ってみました。 »