« マラヤンタイガー・トレインの旅。 | トップページ | エア・アジアの世界。 »

2012年9月 3日 (月)

日本の十八番では?

コタバルから国境を越えてタイのスンガイコロクに入ると、そこはタイ南部、イスラム教の影響が強いエリアで、独立に向けた反政府活動・テロ等も発生しており、外務省からは「渡航の延期をお勧めします。」との安全情報が発出されているエリアのため、こちらにはあまり関わらないこととし、さっさと西海岸に移動。
マレーシアの西海岸部はうって変わって平穏なエリア。北部のアロースター周辺などは、隣国タイや同じマレー系人種のインドネシアと比べても街の造りが広々としており、清潔この上ない。道路や街並みなど、ちょっと旧宗主国のイギリス的な雰囲気すら感じられる(といったら、あとでイギリス留学組の同期K瀬君に思いっきりバカにされたんだけど)。

高速バスで中部の古い町イポーに移動し、ここから電車でKLに向かおうとしたが、ここで問題発生。マレーシア国鉄KTMのホームページによると、 ここイポーとKLの約208kmの間を、ETS(Electric Train Service)と呼ばれる特急電車が最高速度140km/hで最速2時間強で結びだしている。今日の夜はKL在勤の同期3人と晩御飯の約束をしているので、それにあわせてイポーから17時発の列車に乗ろうと思って16時過ぎにこれも歴史的建築物のイポー駅にやってきたのだけれど、駅の時刻表にはその列車は書かれておらず、次の列車は17:48発の普通列車と、18:15発のETSシルバー電車(各停だが、ETSは早いので、先発のディーゼル機関車牽引の一般列車を追い抜く。もっと速いETS電車列車は、Gold, Platinumという名称が付されている)しかない。待て待て、このETS電車だとKL着は20:40、もう大遅刻だ。ネットでは10本以上の列車が書かれているにもかかわらず、実際に走っているのはその半分くらいでしかないようだ。困るよ、こんな事じゃあ。KTM大減点ーー。
Etsp1180453
発車直前、ノンビリ写真撮ってる場合じゃない。ETS用Class91系電車。

仕方なくバスターミナルに転向するが、市内バスが予想外に時間がかかり、ターミナルについたのは17時直前。客引きに呼びこまれるまま直ぐに出発するという17時発の切符を買うが、これが始発ではなくどこかからやって来る便らしく遅れていつまでもやって来ず、17:30近くになってようやく現れた上、運転手に聞けばKLまで3時間半~4時間位とのこと。しかもバスターミナル前の道は夕方の大渋滞。到着が21時半ってのももう話にならない。
大慌てで(華僑の親切なおばちゃんの助けも得つつ、)駅に再度移動し、渋滞の中でヒヤヒヤしたりしながらも、18:11に駅到着、出札窓口の人が優先的に取り扱ってくれ25リンギットの切符を購入させて貰えた等の柔軟な配慮のおかげもあり、無事に18:15発のETSシルバー53列車に駆け込み乗車。ああー危なかった。
Etsp1180455
KL行きETS列車、出発間際の風景はどこの国も同じですね…

乗ってみればこのETS、最速列車は208kmを2時間5分って、表定速度100km超えじゃない。狭軌1,000mmゲージでこれは凄いよ。長い間国鉄最速を誇った北陸線の「加越」が確か表定速度86.1kmとかいうのを小さい頃に本で眺めていた記憶があるが、それよりずっと速い。
のはいいのだけれど、このClass91系電車、実は韓国現代ロテム製。中距離の電車特急なんて我が国が最も得意とする車輛の分野で、韓国企業に持って行かれるとはなんたること。電動機器類は三菱製だと云うが、集団離反型の座席や、そこかしこに日本の最近の電車特急を見慣れた目には気配りの足りない部分が目立つ。ブッフェというか、車内販売カウンターはもう少し食事を充実させてもいい気がするけど、まあ走行2時間少々では、あまり供食サービスは見込めないか。今後北のバタワース、そしてアロースターへと電化区間の延伸が工事中みたいだから、こちらは今後に期待、かなぁ。
ともあれ、車両については、確かに交流25,000vの規格は日本では造り慣れている種類ではないかもしれないが、日本メーカーにも頑張って欲しかったな。 まぁ、そもそも乗り入れて行くKLの近郊電車が既にこの規格で作られてしまっている時点で「負け」なんだなぁ…
Ipohp1180451
歴史的価値のあるイポー駅舎。ちょっと駅前広場が工事中なのが残念ですが。

|

« マラヤンタイガー・トレインの旅。 | トップページ | エア・アジアの世界。 »

コメント

パクアン急行さま、
いやいや、やっぱり日に4~5往復しかないんですよ、実態は。ほぼ満席近い乗りだったんで、もう少し増やしてもいい気がしますけどね。中身は、ダメダメとは言いませんが、まだまだ改善の余地のある初期製品だなぁ、という印象でした。まああと10年くらい経てば、フツーに良い製品になってくるんでしょう。

ケンP太郎さま、
お久しぶりです。加越が最速・・・そうですねえ、私が小学生くらいの頃に見た本にそうかいてあったんだから、30年以上前ですかね・・・(^-^;; その後、加えて更に早い「かがやき」なんてのもありましたよね。「加賀焼」からとったんだ、なんて冗談を言ってた記憶があります。

投稿: 落花生。 | 2012年9月 8日 (土) 00時11分

久々にコメントします
加越が在来線最速の特急なんていつの時代の話ですかね?
ちなみに私、田舎が福井で北陸本線が家のすぐ近くを走っていたので毎日のように目にしていました
(加越は現在は特急しらさぎ の一部に吸収されて名前は無くなりましたが。JR化後の一時期は臨時で福井発着や米原から東海道本線を湖東経由で京都や大阪まで走っていたのを目にした事があります)

投稿: ケンP太郎 | 2012年9月 7日 (金) 23時22分

こんばんは。マレーシア遠征羨ましいです;;私が2年くらい前に訪問したときには、まだETSサービスが始まったばかりで、日に4~5往復程度しかなく、朝夕には間合い運用でETS車がKTMコミューターに入っているものもあったように記憶しています。そんなわずかな間で、ここまで拡充しているとは驚きです。性能こそそこそこあるのでしょうが、やはりあの国製だけあって中身はダメダメですか・・・。音を聴いたときはどことなく日本風に感じられ、バッタもんか!?と勘ぐったものでしたが、電装品は三菱だったんですね。

投稿: パクアン急行 | 2012年9月 7日 (金) 02時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/55597425

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の十八番では?:

« マラヤンタイガー・トレインの旅。 | トップページ | エア・アジアの世界。 »