« Ekonomi ACざんまい。 | トップページ | 最近融通効かない感じ。 »

2012年10月 9日 (火)

JABOTABEK、広がります。

報道によれば、ジャカルタ首都圏のJABOTABEK電鉄区間の延伸等、首都圏の鉄道網の改善計画が漸く少し進みつつある模様。
既に色々な機会に書いてますとおり、JABOTABEKの電鉄区間は、中央線の高架事業や70~80年代の抵抗制御電車の大量導入、デポックの車庫や、電鉄区間外でもジャワ島北本線・南本線の複線化などには長期間・多額の円借款が投入されています。
今回は、もう10年ほど前に交換公文(EN)署名された円借款事業の、マンガライ~ブカシ間の複々線化と(この区間は、ジャワ島各地からの長距離列車の遅れが、電鉄区間の定時運転の妨げとなっていた)、ブカシの先チカラン迄17kmの電化区間の延伸、信号の置き換え、変電所の建設等が対象で、近く日系企業のJVが運輸通信省と工事契約を締結する見込みとのこと。そうすると、JABOTABEK、今はJABODETABEKという言い方をすることもあるようですが、今後はJABODETABEKCIKとか、JABODETACIKとか呼ばれることになるのかな?
これが出来れば、ひょっとしたら前々から噂されている、ジャカルタの長距離列車のターミナルがガンビルからマンガライに移転される可能性もあるかもしれません。

ところで、このベカシ~チカラン電化区間の延伸が、なんとなくソウルの首都圏電鉄区間の水原~天安延伸と重なって見えるのは、落花生。の過去を知っている人たちでしょうか。。。
05bekasip1170318
現在の電鉄区間の東の終点Bekasi駅で、05系。

|

« Ekonomi ACざんまい。 | トップページ | 最近融通効かない感じ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/55862425

この記事へのトラックバック一覧です: JABOTABEK、広がります。:

« Ekonomi ACざんまい。 | トップページ | 最近融通効かない感じ。 »