« 鉄道遺産めぐり@スマラン。 | トップページ | バタム島鉄道計画だって。 »

2012年10月18日 (木)

ジャカルタMRTに黄信号!?

今日あたりの報道によれば、先般決選投票を経て当選が確定し就任したばかりのジョコ・ウィドド・ジャカルタ特別州知事が、現在円借款で建設計画が進められているジャカルタの都市高速鉄道(MRT)建設計画が、工費が高すぎるため、ジャカルタ州の負担が大きすぎるとして、計画にストップをかける方向とセンセーショナルに報道されている。替わりにトランスジャカルタのようなBRTの拡大やモノレールの建設をより進めるのだとか。

既にいつも書いているようにジャカルタ市内の交通渋滞は深刻というか最早末期的症状を呈しており、ホーチミン等でも地下鉄の建設計画が進む中、キチンとした都市鉄道が整っていない大都市・首都はもはやここジャカルタ位になって来たんじゃないだろうか。この渋滞による経済的損失ははかり知れないものがあり、だからこそ20世紀のうちからずっと地下鉄の建設が構想され、これが遅々として進んでいなかったのが、私が東京で円借款関係の部署にいた2007年だったかにようやく円借款による建設が確定し、その後も紆余曲折ありながらやっと入札までこぎつけたこの計画。
国家間で合意したものが簡単にひっくり返るものなのか判らないけれど、余計なお世話かもしれませんが、ジャカルタにおいて都市鉄道の建設は喫緊の課題であり、BRTなんかじゃあ全く代替不可能です。ここまで作業を進めて来た関係者、JICA/JBICやコンサルタント・建設会社等も相当困惑している事と思われます。
まあ、政権交代時には全体を鑑みずに大衆受けのよい発言や政策を行うのはどこでもある話ですから、そのうち冷静な判断がなされるであろうことを期待したいですね。
Kebayoran_baru2012011500918
モールや展示会では毎回のように展示されていたMRTのモックアップ。。。

|

« 鉄道遺産めぐり@スマラン。 | トップページ | バタム島鉄道計画だって。 »

コメント

パクアン急行さま、
仰るとおりですね。最終的にはその必要性は理解していただけるとは思いますが、これでまた建設が数年遅れるかもしれないかと思うと、また素人政治家が人気取りのために余計な事を・・・等と思ってしまいます。この国に「行政の継続性」なんて言葉があるのか知りませんが。

投稿: 落花生。 | 2012年10月24日 (水) 13時42分

これまでMRTの早期建設を訴えてたくせに、これは酷いですよね・・・。如何に中身を見ていなかったというか。裏切られた気分です・・・。

投稿: パクアン急行 | 2012年10月22日 (月) 03時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/55928106

この記事へのトラックバック一覧です: ジャカルタMRTに黄信号!?:

« 鉄道遺産めぐり@スマラン。 | トップページ | バタム島鉄道計画だって。 »