« 皆で乗れば、また違った楽しさ。バリ→スラバヤ2回目。 | トップページ | 休止中の貨物線のその先に… グレシック貨物線。 »

2012年11月29日 (木)

パレンバン(南スマトラ)にモノレール?

本日の報道によれば、南スマトラ州とパレンバンにモノレールを建設する計画が具体化してきており、来月12月にも、PPPでの建設にかかる覚書の締結が見込まれるとのこと。
同モノレールは、市西部のスルタン・マフムッド・バダルディン空港と、市内中心部・市内を東西に流れるスンガイ・ムシ南岸のジャカバリン(Jakabaring)地区とを結ぶ約25kmの路線が計画されており、工期は4年というので、2017年には開通が見込まれる模様。

パレンバンといっても日本人にとっては太平洋戦争初期に日本軍がパラシュートで降下した街という程度の認識しかないところだが、南スマトラでは最大の都市で、朝晩の渋滞は結構深刻な問題となっている。
鉄道は、やはりスンガイ・ムシ南岸西側のクルタパティ駅を起点に、西のルブックリンガウと南のランプン州に向けて伸びているが、こちらは旅客よりも石炭などの貨物輸送がメイン。なのでこの駅とモノレールを連結してどうこうという話にはならないのかもしれないが、折角だから近郊鉄道としての活用を考える機会なのかもしれないね。無理やりかな。

ともあれ、他の多くの都市でモノレール計画が浮かんでは消える中、まさかのパレンバン案件が実現すれば面白いですね。日本企業が関心を示す案件とは思われないけれど、どんな規格のモノレールになるんでしょうね。

|

« 皆で乗れば、また違った楽しさ。バリ→スラバヤ2回目。 | トップページ | 休止中の貨物線のその先に… グレシック貨物線。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/56219426

この記事へのトラックバック一覧です: パレンバン(南スマトラ)にモノレール?:

« 皆で乗れば、また違った楽しさ。バリ→スラバヤ2回目。 | トップページ | 休止中の貨物線のその先に… グレシック貨物線。 »