« バニュワンギ経由でバリへ。 | トップページ | パレンバン(南スマトラ)にモノレール? »

2012年11月26日 (月)

皆で乗れば、また違った楽しさ。バリ→スラバヤ2回目。

今日は折角のリゾートホテルだけど早起き。朝食の代わりにパンとフルーツを詰めて貰った箱を抱えてホテルのクルマで昨日の道を引き返し、ギリマヌク港からフェリーで再びバニュワンギへ。

今日はここバニュワンギから汽車でカリバル、そしてモーターカー・ツアーの筈がキャンセルになってしまったので、時差1時間を撒き戻して、8時発の急行「Mutiara Timur」でスラバヤへ直行する事になった。フェリーの時間に余裕を持って出発していたのでバニュワンギ駅で50分ほどの時間があったので、駅の北側のデポを訪問して運転関係の職員の方々とお喋りし、車庫から駅へ向かう回送列車に乗り込んでバニュワンギ・バル(新)駅へ。
今日割り当てられたEksektif2号車は、前回の小窓車とは異なる未更新車。出発時点では2割程度の乗りだろうか、ガラガラ。
Mutiara_timurp1050168
こちらは小窓の更新車の前で。汽車の前ではやはり上機嫌な一行。

1時間20分ほどで件のカリバルに到着、ドアから身を乗りだして見ると、昨日昼食を食べた駅の隣の食堂のおばちゃんと目があって手を振って御挨拶。
そのカリバルを出ると問題の工事区間。どこで工事なんかやってやがるんだ? なんて探す迄もなかった。そこらじゅうでやってやがる。線路脇にはそこかしこに交換用のPC枕木とレールが並べられ、ヘルメットも被らないラフな格好の保線作業員がこちらの列車の通過を今や遅しと待ちかまえてやがる。それはモーターカー・ツアーをやる2駅間ずっと続いていた。しかし偶々この時期に、この区間でやるとは、まあついてないというか、よっぽど日頃の行いが悪いんだねえ。
それでもこの区間、トンネルあり、ドアを開けて覗きこむとちょっと身震いする位高いガーター橋が何カ所も続き、確かに風景的には見応えのある区間だ。是非次回、リベンジしてみなきゃならん。
Kouji1
只今絶賛枕木交換工事実施中。ポイントの一つ古いトンネル出口もこの状態・・・

そんなこんなで、2回も食堂車行ってみたりと久々の長距離汽車旅を楽しみながら、終点スラバヤ直前のシドアルジョで下車。待たせておいたウチのクルマでラッピンドの泥噴出現場に行った後、スラバヤに戻り、夜は自宅近くの韓国焼肉屋さんで打ち上げ。
メインのイベントがキャンセルになってしまい、(僕のせいじゃないけど)ゴメンなさい。また次回、何かアレンジするからね。
Sidoarjop1050183
シドアルジョの泥噴出池の中州で。安心と安全は別物です。

|

« バニュワンギ経由でバリへ。 | トップページ | パレンバン(南スマトラ)にモノレール? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/56225163

この記事へのトラックバック一覧です: 皆で乗れば、また違った楽しさ。バリ→スラバヤ2回目。:

« バニュワンギ経由でバリへ。 | トップページ | パレンバン(南スマトラ)にモノレール? »