« 夜の運び出し作業☆ | トップページ | ブラウィジャヤ博物館にて @マラン。 »

2012年12月28日 (金)

やれば出来るインドネシア人も@海軍の式典にて。

今日は珍しくお仕事のお話。
アフリカや東ティモール在勤の頃と違って、今の仕事はアドミというか、事務仕事が中心で、外に出掛けていく仕事は上司や各担当が直接やってしまうので、何となく消化不良気味。
なのだが、今日は上司が一時帰国中ということで、久々に代理でお出掛け・・・したのは海軍の式典。スラバヤで軍関係の施設入るの初めてなんで、なんとなくテンション上がる。事務所のクルマで市内北部のウジュン地区にある港のエリアに入っていくと、あちこちの交差点やロータリーに海軍のスタッフがたち、そこかしこに「☆」を2つも3つ4つ!もつけた高級車が先導車をつけて軍の敷地内に入っていく。「☆☆」で既に少将だった筈で、今日は相当のお偉いさんが集まる行事らしい。
Semampir2012122702411
新型のコルベット艦の前を閲兵する新艦隊司令。

会場について桟橋側に出てみると、正面は3,000t級のフリゲート艦「Oswald Siahaan」。オランダ海軍から譲り受けた50年以上前の古い中古艦が、左右に2006年に就役したばかりの新型のステルス・スタイルのコルベット艦「Diponegoro」(1,700t)ら2隻を従え停泊中。このスラバヤを母港とするインドネシア海軍東部艦隊の旗艦なのかな?

この手の式典は、延々待たされ、大体偉い人の到着を待って漸く始まって・・・というのが常なのだけれど、そこは軍隊、時間どおりにキチッと始まり、沢山の行事が次から次へと待つ間もなく進められ、全く飽きることがなかったのは驚き。
今回のメインイベントの、艦隊司令の交替式に引き続いては、新指令による閲兵式、特殊部隊の訓練デモンストレーション、最後は海軍も持っている車輛(通常の車輛からキャタピラー式の兵員輸送車、装甲車、上陸用舟艇からセグウェイ(笑)も含む)のパレードと、中々楽しめました。
やれば出来るんじゃん、インドネシア人。(なんだこの上から目線) いや、いつもこんな風に時間どおりに、秩序ある行動が出来れば、大分違うこと、色々あると思うんだけどなぁ。。。

Sharyo2012122702433
好きな人は好きですよねー。こういう奴。
しかし兵隊さん達の動きのキビキビしてる事と言ったら!

|

« 夜の運び出し作業☆ | トップページ | ブラウィジャヤ博物館にて @マラン。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/56408050

この記事へのトラックバック一覧です: やれば出来るインドネシア人も@海軍の式典にて。:

« 夜の運び出し作業☆ | トップページ | ブラウィジャヤ博物館にて @マラン。 »