« パサールトゥリへ、朝の通勤ディーゼルカー。 | トップページ | パレンバン・モノレール計画具体化だって。 »

2013年1月22日 (火)

洪水にも負けない企業広告いろいろ。

ジャカルタの洪水、結局20名ほどの死者と2万人近い避難民を出し、堤防は決壊、道路はあちこちで水に浸かり、JABODETABEK首都圏電鉄もあちこちで路盤が流出するなど大きな被害を出し、未だにあちこちで停電や断水が続き、完全復旧には相当の時間がかかるようですし、感染症なども懸念されています。

また、大統領宮殿や政府施設の中にも冠水した機関が相当あることもあり、以前から話題に上っていた事もある、カリマンタン島のパランカラヤへの遷都案迄もが取り沙汰されているようです。
Gubeng2013012202557
いすゞPANTHERはストレートなメッセージで。

まあ、それが簡単に進む訳ではないのですが、今日の新聞では、逞しい日本企業の、というか、自動車会社の広告が随分目立ちました。
まだ日常生活を取り戻せず苦しんでいる人たちも多く、こんな時に不謹慎だとか、エコノミック・アニマルだとか言われかねない虞はありますが、「洪水!なんでセダンなんか乗ってるの?(車高の高いウチのMPVにしなよ)」というストレートなものから、「ずっとインドネシアの家族の為に」というイメージ広告的なものまで、各企業のスタンスが垣間見られて面白かったんで、ちょっと載せてみることにします。
Cmkeretabanjir_img20130122_2
スズキ(左)とトヨタ(右)は同じようなイメージながら、メッセージは好対照。

|

« パサールトゥリへ、朝の通勤ディーゼルカー。 | トップページ | パレンバン・モノレール計画具体化だって。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/56603056

この記事へのトラックバック一覧です: 洪水にも負けない企業広告いろいろ。:

« パサールトゥリへ、朝の通勤ディーゼルカー。 | トップページ | パレンバン・モノレール計画具体化だって。 »