« "大変素敵な""血が疼く超絶"ブログだって! 誉められちった♪ | トップページ | バタヴィア・エアー、倒産! »

2013年1月30日 (水)

スラバヤにもモノレールだって!!

先日はパレンバンのモノレールの話を書いたんだけれど、今日の報道によれば、なんとこの我がスラバヤにもモノレールが、という記事が!

しかも、モノレールだけではなく、トラム(路面電車)も合わせて計画されているという。
スラバヤ市当局担当者が記者に述べたところによると、スラバヤ市内を東西に結ぶ26kmのモノレールと、南北18kmを結ぶトラムにかかる予備調査が既に行われており、今後FS(フィージビリティ・スタディ)へと進むのだそうだ。

既にかつてこのBlogでも書いたとおり、当地スラバヤにはかつて東西南北に路面電車が走り、加えてスティーム・トラムまで走っていた。モータリゼーションの進展に伴い早々に廃止されてしまったが、お陰で300万都市にもかかわらず鉄道系市内交通機関のないスラバヤ市内は朝晩大渋滞なのはご存知のとおり。以前既存の国鉄路線の電化・高架化と空港新線建設に係るFSが実施されたこともあるが、これは市内中心部内の交通機関ではなく、近郊と市内とを結ぶ現在の路線の改善と空港連絡線だけだった。

さてこのモノレールとトラムとが実現可能性があるか、なのだが、確かに以前路面電車が走っていた区間のうち、道路中央部で緑地帯となっていたり、道路脇に不法占拠住宅が立ち並んでいる、国鉄PT.KAI用地が相当あり、これらを活用すれば土地収用問題は相当程度軽減されるかもしれない。あとは市内を南北に流れるカリマス川を活用するか。でもモノレールは東西路線かぁ。

他方でトラムですか。仏・ストラスブールのような所謂LRTが念頭に置かれているのだろうけれど、専用レーンを作って今の幹線道路の車線数を減らしちゃいますか。このトラムの建設により自動車交通量が減るから何とかなるということかな。
他方で、いつも交差点の真ん中にクルマが止まってしまって、交差側車線の交通が通れなくなっていたり、我先にと突っ込んでくるクルマやバイクが鍵の字になってニッチもサッチもいかなくなってるのを良く見ます。これではトラムの円滑な運行が出来るのか正直心配なところですが…

しかも、全て民間資本導入で、モノレール11兆ルピア、トラム3兆ルピアの合計14兆ルピア(約1,400億円)にのぼる建設経費を賄い、出資を募るという。
そーんなの、出てくる訳なーいじゃん。ジャカルタのモノレールの前例を見れば一目瞭然。打ち出したはいいけど、途中で資金が続かなくて作りかけのまま放置されてお終いになってるじゃないですか。
こういうのは、土地収用、建設まで政府機関がやって、運営だけ任せる、とかにしないと出来るわけがないんですよ。だって運賃だって政府が貧困者対策とかいって制限かけて自由に上げたりできないんだから、それだけの資金をどうやって償還できるというんでしょう。

と言っていては夢がないですね。有望な出資者が出て来て、実現するといいですね。楽しみにしてます・・・。

Monorailkaimage1_2
雑誌「Majalah KA」1月号に掲載された、国産モノレールの実験車両。

|

« "大変素敵な""血が疼く超絶"ブログだって! 誉められちった♪ | トップページ | バタヴィア・エアー、倒産! »

コメント

パクアン急行さま、
そうですね。モノレールへの拘りようは、業界(あるんかね)と何か繋がってるんじゃないかと勘繰りたくなるくらいですね。
トラムは、多分クルマとぶつかりまくるし、軌道内にも平気で入り込んでくるだろうから、ちょっと現実的じゃあないんで、やっぱり高架鉄道をLRTで作って、ちょっと郊外で地上に降りる、あたりが現実的じゃないかと思うんですが、どうでしょうね。

投稿: 落花生。 | 2013年2月 6日 (水) 01時09分

こんばんは。

スラバヤにトラムが復活ですか!しかし同じシステムで統一せず、わざわざモノレールも作るとは如何にもインドネシアらしいというか。予算的に見ても、メンテナンスの面から見ても、トラムの方が圧倒的に優れているはずなのに・・・。確かに今の道路状況を見ていると、トラムなんて走れるのかという危惧もありますが。TJもぶつけまくってボコボコですし。

投稿: パクアン急行 | 2013年2月 1日 (金) 00時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/56662891

この記事へのトラックバック一覧です: スラバヤにもモノレールだって!!:

« "大変素敵な""血が疼く超絶"ブログだって! 誉められちった♪ | トップページ | バタヴィア・エアー、倒産! »