« スラバヤでもラフティング! | トップページ | ジョグジャに寄り道して帰ります。 »

2013年2月16日 (土)

久し振りのジャカルタへ。

先月下旬に長期休暇から上司が戻り、久々に土日ともフリーになり、お出掛けの条件が整った週末、ちょっとした旅行計画がポシャったため、在勤時代の友達と後輩に誘われるがまま、久し振りのジャカルタへ。

今日のフライトはGarudaのLCC子会社、Citilinkの09:45発、QG802便(30分遅れ)。
まだあちこちに先日倒産したBatavia Airの名残が見られるスカルノ=ハッタ空港からは、市内に向かわず、タクシーで反対の南西方向、タンゲランへ。タンゲランには首都圏電鉄Jabodetabekの路線の一つが伸びて来ているのだけれど、暫く前までは4両編成の電車が行ったり来たりしている、若干都会のローカル線的な雰囲気があったのだけれど、去年もちらっと書きましたが、最近になってこの路線を途中まで空港鉄道として活用する計画が浮上、現在最も現実的な案の一つとして、タンゲラン終点の手前のTanah Tinggiから分岐して北上しスカルノ=ハッタ空港へ、というルートが有力になりつつある由。まあいつになることやら、と思っていたら、「空港線で使うのに、何か適当な中古電車ないですか? できればステンレスかアルミ車体のものを、」なんて相談が関係者からあったりして、結構現実的になりつつあるようです。

そしてタンゲラン線自体も複線化工事(元々複線だったのを単線撤去していたわけですが)が急速に進められ、都心側のドゥリから終点タンゲランまで、ほぼ全線に亘って複線化工事と対向式ホームの建設工事も殆ど完了。タンゲラン駅も拡張されて随分大規模になっていて驚きました。
Tanatinggi6000p1060313
休止中のタナ・ティンギ駅を通過するメトロ6000系。ここから空港鉄道が分岐??

空港新線の方は、まだ工事が始まっている訳ではないので、現在休止中のタナ・ティンギ駅付近もまだ何も痕跡はないのですが、空港からタンゲラン市へ南下してくる道路沿いには、軍用地や、空港運営会社「Angkasa Pura所有地」の看板が沢山立っていたので、用地買収もそんなに難しくないものと思われます。
今日はタンゲラン駅からメトロ6000系の普通電車でジャカルタへ向かいましたが、近い将来、ここをエアポート・エクスプレスが走る日が来るんですかね。雨の夕方など都内まで3時間近くかかる日もあるという昨今、SIN、KUL、BKK、そして北スマトラのメダン空港に続いて空港鉄道が開業すれば、一つまた安心が増えますね。

今日のお宿は、中央線電鉄マンガ・ブサール駅の西側に立つ「Royal Regal」なる、名前だけは立派な安ホテル。“Superior”のお部屋は1泊Rp.345,000(朝食込み)。目の前が線路で眺めは良いのですが、設備は最低限。そして折角のトレインビュー、窓が汚くて、しかも開かない。ので写真を撮りたい向きには全く使えません。
Royalregalp1060370
ロイヤル・リーガル・ホテルのトレインビュー。これはメトロ5000系かな。

|

« スラバヤでもラフティング! | トップページ | ジョグジャに寄り道して帰ります。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/56787790

この記事へのトラックバック一覧です: 久し振りのジャカルタへ。:

« スラバヤでもラフティング! | トップページ | ジョグジャに寄り道して帰ります。 »