« 銀行に八つ当たり・・・? | トップページ | スラバヤでもラフティング! »

2013年2月 8日 (金)

時間どおりに飛んでますか?

本日の当地紙報道によれば、運輸通信省航空運輸局は国内航空各社の昨年の定時運航率を発表した由。
昨年の調査では、確かガルーダに続き、Air Asiaやスリウィジャヤ、意外とMerpatiが高かった記憶があります。・・・と思ったら、これは年間じゃあなかったね。

今年の結果では、80%を越えたのがナショナル・フラッグキャリアの国営ガルーダ航空の84.96%、続いてLion Airの短距離子会社、Wingsの80.77%というのは意外。プロペラ機ATRが中心となっている同社、天候の影響を受け易いのかと思うんだけれど、それを乗り越えての2位入賞は立派立派。
3位は昨年も比較的好成績だったSriwijaya航空の79.77%。滑走路をオーバーランしたり、つい今週もマラン空港に着陸した同社のB737型機が車輪がパンクしたとかで地方紙の一面を大きく飾っていましたが、ことしもほぼ80%の好成績。しかも上述の2011年のデータでは74.96%だったから、向上してるね。

前回66.45%と“落第”だったLion Airは罰金制の導入の効果もあってか、今回73.95%と大幅向上。確かに最近ライオン・エアーは結構まともに飛んでる、定時に飛んだ、といった声をよく聞きます。先週営業停止となったバタヴィア・エアーは71.98%、前回75.6%と条件の悪さにもかかわらず健闘していたMerpatiは今回69.76%と落第点化。行政指導の対象となる可能性があるそうです。

今回の発表には、Air Asiaと、ガルーダの格安子会社のCitilinkが入っていないのはなんでかな。
ともあれ、発表される数値だけ見ていると、国内線の発着状況は次第に改善しつつあるといえますね。

一つだけ個人的コメントを書かせていただくと、「定時」の定義(日本では15分以内の遅延は定時扱い)と、遅れの場合の平均時間(20分遅れと、3時間遅れが、統計上同じ扱いになってしまう)、がもう少し反映されてくると、より実態に即したものが見えてくるんじゃないかと思います。

というわけで、益々飛行機に乗りたくなってきた今日この頃です。

Gamz_p1150643
ガルーダとメルパティの国営系2社の機体。フォッカー機、最近見ないなぁ。

|

« 銀行に八つ当たり・・・? | トップページ | スラバヤでもラフティング! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/56724875

この記事へのトラックバック一覧です: 時間どおりに飛んでますか?:

« 銀行に八つ当たり・・・? | トップページ | スラバヤでもラフティング! »