« カリバル :トロッコ列車で楽しむ♪ | トップページ | お墓参り。@日本人墓地。 »

2013年3月 6日 (水)

スラバヤに新列車。いらっしゃ~い(桂三枝風に)

この3月1日から、スラバヤに新しい列車がやって来た。

といっても新列車の登場ではなく、従来バンドゥン=スマラン間を結んでいた1,2等急行「Harina」号がスマラン=スラバヤ・トゥリ間が延長運転になったという話。
もっと言えば、従来このスマラン朝発スラバヤ行き、スラバヤ夕刻発スマラン行きとして、同じく1,2等急行「Rajawali」が走っていたのだが、この列車と統合したという形で、2月末を持ってラジャワリ号の方は廃止となっている。
従前のラジャワリの運転時刻は、下りがスマラン・タワン(SMT)08:30発→12:42スラバヤ・パサールトゥリ(SBI)着、上りはSBI 14:00→18:23 SMTという設定だったのが、新ハリナ号はバンドゥンを前夜20:30に出て、SMT 05:25→09:33 SBI, SBI 15:55→20:03 SMT、バンドゥンには翌朝04:58に到着というスケジュールに変更になっている。
下りの方は、スマラン方面からは早起きしなければならないものの、スラバヤでの行動時間がより長くとれるようになったという意味では歓迎出来る可能性があるのだけれど、上りの方は15:35 SBI発のジャカルタ行き快速「Kertajaya」(これは途中Cepuで追い抜くダイヤ設定)、続いて17:10にはジャカルタ行き急行「Gumarang」が走り、あまり乗車機会にかかる選択肢の拡大には繋がっていないのが若干残念なところ。
パサールトゥリ口の上り優等列車は、08:10発の特急「Argo Bromo Anggrek」のあと、09:30発の「Cepu Ekspres」、そしてこの午後3時半まで空いてしまう。
スマランからのスラバヤ方面も、この朝5時半のハリナの次は、夕方15:27発のABMまで空いてしまうわけで、ちょっと使いにくい設定になってしまっている。
「Harina」自体は夜行列車設定だから、昼間にスラバヤを出るわけにはいかないのだろうけれど、余剰となった「Rajawali」編成を活用し、午前中の適当な時間にスマラン発、昼過ぎ頃にスラバヤを出てスマランに向かう列車はあってもいいと思う。旧ラジャワリ号、それなりに乗ってたし。
Rajawali1
今はなき、になってしまった、「ラジャワリ」の雄姿。「ハリナ」は流石に乗ったことも見たこともなかったから。

もう一つ問題と思われるのは、インドネシア国鉄PT.KAIの運賃、1列車1運賃としてるケースが多く、その場合、長距離列車に短距離区間だけ乗っても、全区間分の運賃を取られるようになっていること。つまりこれまで短距離急行としてのスラバヤ=スマラン間のみの料金だったのが、今後は同じ区間を乗ってもスラバヤ=バンドゥン間の運賃を取られたら、溜まらないぞ?
と思って調べてみたところ、
このハリナ号、来週3月11日の場合、スラバヤ=バンドゥン間は28万ルピアなのに対し、スラバヤ=スマラン間は20万ルピアと、若干の配慮がなされているように見受けられた。なのだけれど、元のラジャワリ号の場合、確か12万ルピア程度だったように記憶しています(曜日、シーズンによって若干の差違あり)。結構な値上げになってるのは変わりないようで。

Bubutan2013030402675
パサールトゥリ駅に掲示されていた案内看板(なんて呼ぶんだっけ、こういうバナー)。

|

« カリバル :トロッコ列車で楽しむ♪ | トップページ | お墓参り。@日本人墓地。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/56915534

この記事へのトラックバック一覧です: スラバヤに新列車。いらっしゃ~い(桂三枝風に):

« カリバル :トロッコ列車で楽しむ♪ | トップページ | お墓参り。@日本人墓地。 »