« バリクパパンにも残る日本の足跡。 | トップページ | ボゴール線近況。 »

2013年3月23日 (土)

5度目の正直@シドトポにて。

週末、昨金曜晩に東京から四半世紀来の友人K原君が3度目のインドネシア来訪。目的はジャカルタなのだが、折角わざわざスラバヤくんだりまで来て戴いたので、折角なのでちょっとだけ汽車に御案内することにした。
朝3時に起きて向かったのは、とこれだけで想像がついてしまう方も稀にいると思われるが、市内北部にあるシドトポ(Sidotopo)駅。既に5回目、いや古い運水車を見に行ったのも含めれば、6回目か、のシドトポ駅だが、目的はシドトポ=スラバヤ・グブン間3kmの路線が、ダイヤ上は毎朝2本、4時過ぎと5時過ぎに列車が走っている“営業路線”であるため(5時過ぎ発の方は、最近は車輛不足により運休中。))、乗っておかないと気持ちが悪くて仕方がない(笑)。
Sdtp1070312
何回ここに来ただろう。未明のシドトポ駅にて。

以前も書いたように、このシドトポ駅からは上述の朝2本のグブン方面と、昼12時台のスラバヤ・コタ方面行き(2km)の営業列車が走るが、逆にシドトポ行きの列車はないため、グブン駅・コタ駅の時刻表には現れて来ないし、シドトポ駅には時刻表なんか掲示されていない。ネットの国鉄PT.KAIサイトや携帯アプリの時刻表にも出てこないし、まさに“時刻表にない列車”なのでありました。

その5度目の正直のシドトポ駅に到着し、駅舎内を覗いてみると、担当の助役さん曰く、04:10発のポロン行きは今日もキチンと走るとのことで一安心。
そのまま雑談しながら暫く待つうち、4時近くなって、車庫から出てきたのか、南側から5両編成のKRDE,元HYUNDAI-ABB電車改造の「Arek Surokerto」編成が現れ、ほぼ定刻に南に向けて出発。
広い貨物駅というか、操車場の構内を抜けると、右手に先ずはコタ駅方面への線路、続いてパサール・トゥリ方面への線路の築堤を分け、こちらは真っ直ぐ南へ走る。住宅街の裏道の単線を暫く走ると、右手後方からはコタ駅方面からの本線が合流、そのまま一見複線の線路を南へ進み、グブン駅の手前で左手にBalai Yasaへの引き込み線を分け、グブン駅に到着。これでようやくスッキリしました。
Surabayarosenzu_4

問題のスラバヤ近郊の路線図。シドトポ=コタ、シドトポ=グブン間が、実は隠れた旅客営業線。

ここから数名の乗客が乗り込み、ここからはコミューター列車としての運行かと思いきや、一駅目のNgagel停留所は通過し、ウォノクロモ駅に停車したが、その後はスピードを上げて快走、停留所扱いの小駅のみならず、正規の駅の筈のGedangar駅も通過し、そのまま南のシドアルジョ駅までノンストップだった。

ところで、シドトポ駅は乗車券類の発売はなし。じゃあどうするかと思って尋ねると、駅員氏曰く、グブン駅で一旦降りて切符を買い直して来て下さい、とのこと。なのだが、停車時間は短く、置いていかれても困る(実はグブン駅の時点でもう目的は達しているのだけれど、それで帰ってしまうと単なるタダ乗りになってしまう。)。なので、シドトポ出発後に車内で車掌に聞いてみると、「車内で売れるよ。」との意外な反応。最近は列車内での切符の販売は止めたんじゃなかったっけ?
それでは、ということで2人分の切符を頼んでみると、「駅で買うのの2倍だけどいいね?」と、実際のところ、車内での切符購入は、罰則扱いになっているのかもしれない。2倍とられたってRp.4,000なんだけどね。しかし受け取った切符をよく見ると、区間はスラバヤ・コタ=シドアルジョ間という事で、ここにもシドトポの文字は現れない。なんかシドトポ隠し(?)、徹底してるなぁ。

そんな訳で、途中の駅で降りてタクシーで空港に向かうか?と思っていた企みは霧散、それでもシドアルジョ駅からちょっと歩いた通りに停まっていたメーター・タクシーでジュアンダ空港に向かい、定員215人乗りと、どんだけ詰め込んでいるんだ?的なLion AirのB737-900、JT691便でジャカルタに向かったのでした。
さあ今日は眠いぞ…
Sdtticket1_2
最近では珍しい車内売りの補充券。というか、常備券か。

|

« バリクパパンにも残る日本の足跡。 | トップページ | ボゴール線近況。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/57040974

この記事へのトラックバック一覧です: 5度目の正直@シドトポにて。:

« バリクパパンにも残る日本の足跡。 | トップページ | ボゴール線近況。 »