« 日本の面影残る街で。 | トップページ | 5度目の正直@シドトポにて。 »

2013年3月15日 (金)

バリクパパンにも残る日本の足跡。

最終日。朝からアポ一つ、そこに別の役所の方も来ていただいたので一か所で二つの用事を上手く済ませて出張業務は一応終了。帰りのフライトは昼12:50発のGA669便、一昨日と同じCRJ機でバリクパパンへ戻り、ここで結構長時間の乗り継ぎ待ち。
2p1200076
市内北西部の丘の上に残る旧日本軍の高射砲。欲を言えばちょっとした説明板が欲しい。

荷物はスラバヤまでスルーで預けて身軽になり、タクシーで市内へ出て、お昼ご飯→市内北西部の旧日本軍の砲台跡→水上集落見学→空港の東、Lamaru地区にある日本人慰霊碑まで訪問する余裕があった。タラカンのものもそうだったけれど、地元の地方政府の方でこういった慰霊碑・墓地(他にオランダ人とオーストラリア人のものがある由。)を外国人観光客誘致のための存在と考えてか、自治体がお金を出して整備・維持してくれているのはありがたい限りです。
バリクパパンからはGA353便でスラバヤ戻り。
2p1200111
タラカンのものにも増して立派な慰霊碑が建てられていました。

国道からの入口にもちゃんと市観光局の建てた案内板。でも200mじゃあないな。1km近くありました。
2p1200104

|

« 日本の面影残る街で。 | トップページ | 5度目の正直@シドトポにて。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/56967165

この記事へのトラックバック一覧です: バリクパパンにも残る日本の足跡。:

« 日本の面影残る街で。 | トップページ | 5度目の正直@シドトポにて。 »