« ジャワ北本線全線複線化目前!だそうです。 | トップページ | カリバル :トロッコ列車で楽しむ♪ »

2013年3月 2日 (土)

イジェン火口湖に登る。

今週末は、ジャカルタ時代からの友人の一人、日系企業勤めのN名さんが本帰国するというので、それに先立ち友人たち4人で送別小旅行!という企画になり、ジャカルタから早朝便で飛んで来た3人とスラバヤ空港で待ち合わせ、先日のバリ温泉の時と同じWings AirのIW1880便、ATR72型プロペラ機でバニュワンギに飛んだ。
バニュワンギ・ブリンビンサリ空港にはホテルのクルマに出迎えに来て貰い…と表れたのは何とも年代物のランドローバー。アフリカあたりで探検家や植民地会社のヨーロッパ人が乗ってそうなクルマだ。勿論エアコンなんかついてないんだけれど、これから涼しい山の上に登るんだから、ちょっとの間だけの我慢。
Ijenlandroverp1070032
宿の出迎え、年代物のランドローバー。

その山、今回の目的地の一つは(ごく最近「地球の歩き方」にも載るようになって来た、イジェン火口湖。
ジャワ島の最東端、ムラピ山(2,800m)とラウン山(3,332m)との間にあるカルデラ湖。一般的には(ブロモ山と同じく)日の出を見るために登るというのが多いようなのだけれど、今回は日程の都合上、午後からの登山になった。なのだが、運転手は「今の時間帯は(登るのは)無理だ。登るのは明日の朝だ。」なんて、そんなことを今言われても困る。もう何週間も前からこの日程で予約してるんだから、無理ならなんでその時点で言わないのだ。
しかも問い詰めると、夕方は霧が出るとか、他に登る人がいないから寂しくて可哀そうだ、とか。ツアーのアレンジを依頼されたホテルとしての統一見解ではなくて、個人の勝手な思い込みで、断言して惑わすような事を言って貰っては困る。
Ijeniouimage1
70kgもの硫黄を背負って山を下ってくる担ぎ屋の方々…

ともかく明日の朝は時間がないので、山に登るタイミングは今日しかないのだとクルマを山に向かわせると、次第に雨が強くなってきた。前回のブロモもそうだったけど、やはり雨季に山なんか来るもんじゃないか。
それでも標高1,850mにある登山口に着く頃には雨も一応止んだ。念のため売店で雨合羽をしいれ、ラーメンで腹ごしらえをしたのち、山頂目指して登り始める…

が、これがきつかった!
往復3時間、片道1時間半、3km程というのだが、これが相当にキツイ上り坂で、普段の運動不足もたたってか、いや、落花生。だけじゃなくて他の3人も皆相当苦しそうだ。
その山道を、この火口湖付近で採れるという硫黄の黄色い岩を入れた籠を担いで下って来る鉱山労働者の方々。軽々と歩いて行くのだけれど、聞くとその籠、両方合わせると70kgもの重さがあるのだというから驚きだ。そしてこの山の上の火口湖から下の精錬工場まで、1日2~3往復しているんだって!
Ijenkawahp1060993
深い霧に煙り、全く見えないイジェン火口湖… 登る前からわかってたけど、残念。

こちらは霧の中、小雨降る中を一歩一歩上り続け、途中2km地点にある山小屋で小休止したのを含め、およそ1時間45分ほどで漸く火口湖の廻りの外輪山に到着…した筈。だが、霧が深く、正直よく見えません。
晴れてたら、こんな風に見えるらしいです…(観光局のサイトより)
Ijenkawah

担ぎ屋のおっちゃんは、「ここから火口湖まで下れるから、一緒においで」というが、霧が深く、時折ほんの数メートル先も見えなくなったり、また、硫黄分を相当に含んだ、息苦しくなるような風邪が結構な強さで断続的に吹いていることもあり、今回はこれで断念。
下りはおよそ1時間15分ほどで下りることが出来、待たせておいたランドローバーで今日の宿、棚田ビューの美しい、Ijen Resorts and Villasに到着。オフシーズンという事もあって、アップグレードした部屋に80万ルピアほどで泊らせて戴き、夜は筋肉痛に備えて?Spaで足マッサージをして貰い、持ち込みのワインで乾杯!
キツイ上りも忘れさせてくれる素敵なリゾートホテル・ライフを楽しませていただきました♪
Ijentanadap1070042
素敵な棚田ビューのリゾートホテル。そんなに高くないのがまた嬉しい。

|

« ジャワ北本線全線複線化目前!だそうです。 | トップページ | カリバル :トロッコ列車で楽しむ♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/56889644

この記事へのトラックバック一覧です: イジェン火口湖に登る。:

« ジャワ北本線全線複線化目前!だそうです。 | トップページ | カリバル :トロッコ列車で楽しむ♪ »