« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月29日 (月)

無人機関車、暴走。

昨28日朝、中部ジャワのスマラン近郊の本線上で、無人機関車が17kmに亘り暴走、脱線転覆するという事故があったとのこと。
今日29日付の当地紙「Jawa Pos」報道によれば、昨日未明4時頃、スマラン・ポンチョール駅にてスマラン発ジャカルタ行きの特急「Argo Sindoro」牽引用に暖気を行っていたCC203-9816号ディーゼル機関車が突然運転士を乗せぬまま西方面に動きだし、下り坂も相俟って加速しつつ、スマラン市から西隣のクンダル県カリウング郡まで17.2kmをそのまま走行、およそ15分後、同郡ノロクルト村で脱線、沿線の樹木と山羊小屋、一般住居をなぎ倒してようやく停止した。
幸いにもこの事故による犠牲者はいなかった由であるが、なぜブレーキが緩んだかを含め、原因は現在調査中の由。この事故で、クレーン車が出動し脱線した車両の撤去作業を行ったため、北本線は約5時間に亘って不通となった。

まあインドネシア鉄道も、年に一回くらい(日本の感覚で言えば)結構な事故を起こしますよね。今回は死者が出なかったのが何よりでしたが、こういう予想しない列車の走行に、手動が殆どの踏切の遮断機はちゃんと対応しているのでしょうか。踏切番が気付かず遮断機を下ろさないまま列車が走ってきたら、大事故になりかねませんが、未明だったというのも幸いだったのかもしれません。しかし、15分で17kmって、平均時速70km/h近く出てるじゃないですか、まぁ怖い。
自動車よりも安全なのが売りの筈の鉄道交通ですから、こういう事故で評判下げないで欲しいですね。

ところで、どうでもいい話ですが、手元のスラバヤ地方紙「Jawa Pos」はカラーの一面でこの話を取り上げているのですが、機関車が赤青の旧塗装で描かれてました。あれ、スマランに南カリからの転属機なんか配置されてたっけ?とネット画像を検索してみたら、地元のネットニュースサイト「beritakendal.com」あたりでは、普通の新塗装・流線型機が脱線している姿が写っていました。なんでわざわざ、というか、画像を見ないまま、機関車ってのはこういうもんだ、と勝手に描いたんでしょうね。
Img2013042902879
「ジャワ・ポス」紙の一面を大横断する赤青旧塗装のDL。

Sasaksaatp1020671
一応、CC203型の同型機の写真載せときます。
以前も書いたバンドゥンへ向かうSasaksaatトンネル南口で。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月22日 (月)

一仕事終わったぁ・・・。また更に疲れる。

この週末、先にも書いたとおり、APEC-MRT貿易大臣会合と、TPP(環太平洋パートナーシップ)会合がこのスラバヤで行われ、日本からも茂木経産大臣や甘利内閣府特命大臣を含む数十人の代表団が出張して来て、ウチの事務所もお手伝い(所謂ロジって奴ね)に追われ大忙しというか、もう阿鼻叫喚でした。

それでも大きな問題が発生する事もなく無事に終了、今日は市内のホテル内に借りていた仮事務所のお片付けをして、やっと一息・・・と思いきや、夜帰り道、追い抜きがけに隣車線のクルマと絡んで事故りやがった。
しかも「警察で話をしよう」といって相手の免許もナンバーも控えないまま動き出したもんだから、途中で相手が逃げだしやがって、何年運転手やってるんだ君は、と呆れる状況。
その後警察で事故処理と書類作成が終わるまで結局2時間かかり、この疲れ果てて一刻も早く帰って寝たい日に、なんでかなぁ・・・ (-_-#)

ともあれ、これで晴れて休暇で帰れる身分になりました。出発は来週の火曜日30日です。さあお土産買いに行かなきゃね。
Img2013042302863
あぁもう・・・ プラ製のオーバーフェンダーのみのキズで良かったと思うべきか…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月13日 (土)

ライオンエアー、オーバーラン、海へ。

現地時間15時半頃と言うから、今から2時間半ほど前ですか。
当地報道によれば、デンパサールのングラライ空港でLion Airの国内線。B737-800型機が滑走路をオーバーランして海中に突っ込むという事故が発生している由。
報道によると、これはバンドゥン発デンパサール行きのJT904便と言ってるから、2時間以上の遅れだな。
101名の乗客を乗せて到着した後、滑走路をオーバーランして海に落ち、画像を見ると機体後方の、主翼と尾翼の中間あたり、-900だと非常口がある付近からポッキリと折れているのが判る。
幸いにも死者はないようで、NHKによると、邦人搭乗客もない模様。これはジャカルタ発のフライトじゃなかったのが幸いだったか。

Lion Air、既に100機の最新型B737-900型を揃え、更に新しいエアバス機を大量購入するなど羽振りの良い会社ですが、こういう事故はイカンですねえ。
しかし画像を見る限り、天候も問題なさそうだし、何が原因だったんでしょうね。

※ 後日確認されたところよると、オーバーランではなく、滑走路手前で海に着水したということらしいです。

Jt737900p1010873_2
同社のB737-800の写真が手元に見つからなかったんで、取り敢えず-900の写真載せときます。似てるし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 8日 (月)

APEC@スラバヤ、始まりました。

この週末から、ここスラバヤで一連のAPEC会合が始まりました。ようです。
来週末20-21日が、貿易大臣会合ということで、APEC各エコノミーから経済、貿易担当の閣僚が20名近く集まることとなる大会議で、こんな地方都市では滅多にないことなので、結構な騒ぎになっている訳です。
大臣が来るということはお付きの役人も一杯来るわけで、更に6日から19日まではSOM会合(高級事務レベル会合)ということで、沢山の国の役所の方が出張に来てお疲れ様な訳ですが、ホテルが取れなかったり、予想もしない交通規制が行われたりと、お陰で大渋滞が見込まれたりと大変な事になりそうで恐々としています。

そんな中、市内の目抜き通り、SOMの会場でもあるSheratonからJW.Marriottホテルにかけての普段は西向き一方通行のエンボン・マラン通りですが、一番南側・ホテル側の1車線に柵が設けられ、逆送できるような車線が作られていました。確かにシェラトン→マリオットは一瞬だけれど、その逆は随分遠~くを大周りしなければならず、各国代表団、特に閣僚なんかがスムーズに移動できるように便を図ってはいるのですが、
でもその大周りしなければならないのは普段の市民、我々日々の道路利用者も同じ。その人たちには不便を強いていて良いのですかね。
この一方通行だらけのスラバヤ中心部、やっぱりそれでは不便な訳です。キチンと信号機と、右折レーンとを設けて、赤信号の際に交差点内にクルマが停止しないように警官立てて流入交通量を抑制して、大周りせずにちゃんと妥当なルートで走れるような車線構造にして欲しいもんですがね。
Img2013040802821
市内の目抜き通りに設けられた、逆走車線。普段から欲しいんですけど。

Img2013040802822_2
市内の高級ホテルにはAPEC関係のカウンターが設けられ、

Img2013042102852_2
ホテルのクルマ寄せには、今回の会議に合わせて大量導入されたHyundaiのパトカー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 5日 (金)

スラバヤの新しいラーメン屋さん。

昨4日は午前中、昼前にWaruの近くのペトラ大学というところに出掛けて女子大生に囲まれながら日本に関する話をして来たのだけれど、学生からの質疑応答の中で「日本のラーメンのスープの作り方」等という、なかなか難しい質問があり、頭の中でラーメンが飛び回りだしてしまった。
しかも間の悪いことに、この朝出勤途中、暫く前から開店準備中だった新しいラーメン屋さんが3/30から開店したというのを見掛けたばかり。
もうこれは運命だと思って、今日のお昼ご飯はここに行ってみることにした。
Tegalsari2013040402802
ここは元は中華料理屋さんだったかな? 新装開店の飾り付けが中華風。

店の名前は「ラーメン 希(NOZOMI)」。店の前には中国語で書かれた回転祝いの花輪や飾りが沢山届けられているところを見ると、オーナーは華人だな。店内に入ってみると中は結構広く、店の中央部にガラス張りのオープンスタイルの厨房が設けられている。カウンター席もあるから、お一人様対応も可能なようだ。
取り敢えず初回なので、メニューの一番最初に載っている、トンコツラーメンを頼むことにするが、そのメニューの下には「豚」と「鶏」のマークがついてるぞ。チキンスープの豚骨ラーメンって何だ? 笑

ともあれ、ラーメンと餃子を戴き、店員と話をしてみると、日本人が4人も働きに来ているというのでお呼び立てして話を伺ってみると、親会社というか、技術提携先は神戸の方で40店舗を展開しているラーメン屋さんで、そちらの店の名前は濁されてしまいましたが、ジャカルタは日本のラーメンが最近飽和状態になっているのでスラバヤをインドネシア第一号店の場所として選んだ由。なお、神戸の店とは当地の嗜好に合わせて少し味を変えてあるそうです。
暫く前から食べたいと思っていた醤油ラーメンがメニューになかったのは残念ですが、ここスラバヤでも段々食の選択肢が増えて来ているのは嬉しいことですね。

あ、正確な住所はメモって来るのを忘れましたが、場所はラヤ・ダルモ大通りの上り線、メルキュール・ホテル(旧ミラマー)の裏のJL.RonggolaweとJL.Tamrinの三差路の角地です。皆さんよかったら試してみましょう。
Tegalsari2013040402804
今日は豚骨ラーメンと餃子(まだ出て来てない)を頼んでみました♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 4日 (木)

JABODETABEK、新運賃制度だそうです。

今日付けの東南アジア向け日本語情報紙NNAのインドネシア語版報道によれば、ジャカルタ首都圏JABODETABEK電鉄区間の運賃を、一律制から乗車区間に応じた運賃体系を導入、具体的には、初乗りをRp.3,000、その後乗車3駅ごとにRp.1,000を追加していくという運賃体系に変更し、均一制運賃による不公平感を解消し、短距離区間の乗車を促進するという。
明記はされていないが、今更全廃予定のEkonomiの運賃制度でもないだろうから、これはコミューターの運賃なのだろう。
初乗り区間が何駅迄、あるいは何kmまでかについては言及がないが、流石に一駅という事はないだろう。仮に初乗り3駅までとすると、ボゴールまで3駅毎にRp.1,000ずつ上がっていくとして、Rp.12,000になるのかな。現在ではRp.9,000だから若干の値上げだけれど、途中駅迄の利用の場合は割安になるケースも多いと思われる。

他方で、このシステムをきちんと機能させるためには、最近結構熱心にやっている車内検札だけではなくて、下車駅での集札もきちんとやって、ホームの隅からこそっと降りていくような輩を捕まえてちゃんと運賃収受しなければならないよね。
この報道では、6月から電子チケットを導入するのに合わせて本新運賃制度を導入するとあるから、乗車時と下車時にきちんと改札機にタッチすれば、まあ正しい運賃が徴収されるわけですが、去年のコメットカードの失敗もあり、ちゃんと機能して定着するかは全く不透明な訳ですが。

それと一つだけこの報道の揚げ足取りをさせていただくと、現在のJABODETABEK電鉄の運賃、別に一律ではなく、各線毎に料金が違うのは勿論、ボゴール線も例えばジャカルタ市内中心部からDepok迄とそれ以遠Bogor方面では運賃、一応違ってるんだよね…
Kippu1
ここ数年のJABODETABEK電鉄線の切符いろいろ。少しずつ微妙な差異がありますね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 2日 (火)

バンドゥンに電車が走る!?

昨日付の当地紙報道によれば、バンドゥン近郊路線の電化計画が持ち上がっている由。
これによると、フランス政府からの借款でパダララン=バンドゥン=チチャレンカ間約41kmを電化、またこの区間は西半分のパダララン=バンドゥン間が複線化されているが、併せて東側のバンドゥン=チチャレンカ間の複線化も計画に含められている由。
Patasw2
電化対象となる複線区間を走るPATAS(快速列車)。

この区間は早くから日本製DMUや、その後近年ではKRDEも導入され、最近では客車による近郊列車は冷房改造されたEkonomi-AC車が充てられるなど、流石は国鉄PT.KAIのお膝元という印象だったので、今回の電化計画も以前から取り沙汰されていたこともあり、さもありなんという感じではありますが、しかしよりによってフランスの借款ですか。
ジャカルタ近郊JABODETABEK首都圏電鉄区間のうち、スルポン線とタンゲラン線はフランスの援助で1,800Vで電化され、その後降圧された関係で電圧が不安定で、一部日本製中古車両の乗り入れが制限されているという話を聞いたことがあります(どなたか正確な情報をご教示いただければ幸いです。)。
また今回も、ということになると、どうせジーメンスとかアルストームあたりの電車が導入され、211系の中古あたりが回って来るという夢(?)は叶わない事になってしまいますなぁ。。。
Patasp1020685
その車内。3扉セミクロスシート。日本の香り漂う気動車ですなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »