« バリ・クタビーチのステーションホテル 笑 | トップページ | バドゥイへ、トレッキング。 »

2013年6月 7日 (金)

バドゥイへ。

文明を拒絶して生きる謎の人達が西ジャワの山奥にいる。
電気照明、テレビ、娯楽道具、学校さえも自らの文化とは相いれない近代的な価値観を植えつけられるものとしてこれを拒否し、薪やろうそくの灯を使い、下界に下りてきた時も、クルマに乗ってもいけない。どこにでも歩いていくなど、伝統的な社会を保持し続け、掟に反したら追放され、周辺部にしか住めなくなる。

そんな人たちが、西ジャワ州南部のバドゥイ。ジャカルタに転勤してきた時から話を聞いて気になっていたのだけれど、たまたま職場でそこを訪れたことのある同僚が全く地理に弱く、グループ旅行で連れていかれただけでその地を地図で示すことも出来ない人だったりしたこともあり、行く機会を逃していた。

そんな中、ジャカルタ時代の後輩や友人、今の同僚など上手く5人集まり、ローカルの旅行社というか、バドゥイの地元のガイドさんにアレンジをお願いすることが出来(日系の1/3の値段!)、今日は仕事が終わってから最近よく使うCitilink便でジャカルタに向かうことに。
と思ったら、一緒の便で飛ぶ筈だった同僚のN宮夫妻が渋滞に巻き込まれてフライトに乗り遅れ、ちょっとばかり多難な旅立ち?かな。ジャカルタ空港で1時間半後の便で飛んでくる彼らの到着を待ち、タクシーで市内ワヒッドハシム通りのIbisホテルにチェックイン。
さあ明日に備えて今晩は早寝とするかな。

Img2013060703050
今日のCitilink QG808便は珍しく古いB737-300。GAのお古で室内は流石に草臥れた感。

|

« バリ・クタビーチのステーションホテル 笑 | トップページ | バドゥイへ、トレッキング。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/57572981

この記事へのトラックバック一覧です: バドゥイへ。:

« バリ・クタビーチのステーションホテル 笑 | トップページ | バドゥイへ、トレッキング。 »