« ようこそSQ、スラバヤへ! | トップページ | メダン おまけ。 »

2013年7月28日 (日)

エコノミー電車、突然の全廃! JABODETABEK。

普段からお世話になっているJABODETABEK電鉄関連ニュースの第一人者と言っても過言ではないパクアン急行氏のブログによれば、ジャカルタ近郊を走る電車のうち、非冷房で廉価運賃適用の“エコノミ”列車がこの24日をもって全廃、25日始発からは全ての電車がAC付きの“コミューター”に統一されることとなったとのこと。
Rcikiniimage1
屋根上乗車、ドア全開放のエコノミ電車も見納めですか・・・

従来から国鉄PT.KAIおよび首都圏電鉄運行会社PT.KCJがエコノミ全廃方針を掲げ、その都度貧困層利用客の激しい抵抗に遭いながらも、既にタンゲラン線及びスルポン線からは全廃、ブカシ線も一度廃止決定も、線路を占拠する激しいデモの発生により妥協案として1運用のみ運行を残していた状況で、最後の砦、中央・環状=ボゴール線も廃止は時間の問題かとは思っていました。そもそも、自動改札機を導入しても、2種類の運賃の列車が走る状況では、適切な料金収受は難しいからね。
先般の燃料補助金の廃止・削減時にコミューターの運賃が補助金対象となり実質的に大幅値下げになった事で、大半の旧エコノミ客がコミューターへ移行し、益々全廃カウントダウン状況ではあったのですが、
他方で、日本からの中古電車のうち、メトロ6000系列など故障で戦列を離れる車両が続出し、休車状態に近い103系を持ち出して対応する等車両繰りが逼迫している、この今、突然全廃されるとは思ってなかっただけに驚きました。巷で噂されている、JR東日本の205系導入がそのタイミングかな・・・くらいに思ってました。

廃車となったエコノミ車両のうち、1976年から80年代中盤にかけての一連の円借款によるJABOTABEK電鉄近代化プロジェクトで導入された、日本製の抵抗制御「レオスタット」電車のグループ、中でも初期の普通鋼製車体車は(一部保存の話がない訳ではないですが)全廃、既に徐々に西ジャワ州・プルワカルタへ廃車回送され、解体を待つ状況になりつつあるようです(2編成ほど、自動扉を修理した更新車がありますが、これはどうなるのでしょうね。)。ステンレス車体を持つ86~87年導入の中期車と、97年導入の日立製VVVF車については、自動扉を修理し、冷房化改造して再度投入するという計画も地元ファンからは伝わって来ています。

自動扉…当初新車投入時はちゃんと開閉していたのですが、いつしか故障し、修理がされず、これらエコノミ電車はドアを開けっぱなしのまま高速でジャカルタの街を駆け抜けていました。とても近代都市の乗りものとは言い難かったですが、電車好きの立場からは、開けっ放しのドアから身を乗り出してジャカルタの街を眺めるのはそれはそれで楽しいひと時でした。
そのエコノミ電車の車内では、新聞に始まり飲み物・食べ物、よくわからない雑貨まで色々なモノ売り、楽団などの大道芸をするグループ、掃除をして小銭をせびる物乞いなど、色々な人間模様を見ることもできましたが、これも全て過去帳入りしてしまいました。彼らは今、今後、どうしていくのでしょう。

今日はそんなエコノミ電車の思い出、2003年のインドネシアへの初赴任の頃の写真を中心に何枚か載せておきたいと思います。 
Rpict1364
当時はこんな特急色というか、富山地鉄雷鳥色みたいな塗装の車両もありました。

Rpict1380
ステンレス車と併結運用される編成は、銀色塗装になっているものもありました。

Rpict10023
オレンジ塗装、全検上がりでしょうか、塗り直したばかりでピカピカです。

Mp114890_2
ちょっとすすけた感じの緑色塗装もありましたね。

Rpict0264
1994~2001年にかけて導入された、蘭Holec=INKA製のVVVF電車。
これは多くがディーゼルカーに改造されましたが、一部冷房付き電車として復活した編成もあるようです。

Rpict1499
ブキッドゥリの車庫内で整備中のHolec(左)と日本製ステンレス車体のレオスタット車。

Rhyundaiimage3_4
1992~93年導入のHyundai製VVVF車。
マンガライで休車中→後にスラバヤ近郊ディーゼルカーへ転身。

Rpict1538
赤青のHolecや都営三田線6000系と並ぶ日立製VVVF車(右)。
97年導入と新しく、調子も良いので、冷房化改造再投入が期待される形式。

|

« ようこそSQ、スラバヤへ! | トップページ | メダン おまけ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/57890732

この記事へのトラックバック一覧です: エコノミー電車、突然の全廃! JABODETABEK。:

« ようこそSQ、スラバヤへ! | トップページ | メダン おまけ。 »