« 異国で温泉は、よい♪  | トップページ | 久し振りのバンコクから南へ。 »

2013年7月21日 (日)

やっぱりブルトレはいいねぇ♪

さて温泉で気分良くなった後、土曜の夜は早速、今回のハイライト(その1)です。
シンガポール在住の旧友M森君が熱心に誘ってくれたそれは、ここチェンマイとバンコクとを結ぶ特急列車で運用されている「ブルートレイン」。かつて日本国内各地を網羅していた夜行列車も現在ではほぼ全廃。不要となった寝台車や座席客車のうち一部が、JRからマレーシア(前回「マラヤンタイガー・トレインで乗りましたね)、フィリピン、そしてここタイに輸出されてきて、活用されているのです。
タイでは、当初臨時列車、そのあとバンコクと南部トランとを結ぶ急行列車に連結されていましたが、こちらは脱線転覆事故で廃車に。その他、東のウボンラチャタニー方面行きの路線に連結されたり(こちらの12系座席車には乗車経験あり)していましたが、現在ではこの外国人観光客も多数利用する、チェンマイ路線の特急13/14列車で運行されています。
以前はタイ国鉄SRTのサイトで予約発券が出来たのですが、現在は取り扱いを中止しているようで、M森君が代理店を通じて手配してくれ、無事に二等寝台(旧B寝台車両)の上下段を抑えることが出来たわけでした。因みにお値段は、下段で881バーツ。日本に比べれば格安です。

ところが、去る17日未明、このチェンマイ路線のプレー県内デンチャイ駅付近で特急列車の脱線転覆事故(またかよ)が発生し、ネットニュースサイトには横倒しになって転がるカラフルな寝台車の写真が大写しになってました。おいおい。見る限り、JR中古の車両ではなさそうなのは幸いだけれど、大雨で路盤が緩んでの事故らしく、そうすると復旧まで時間がかかる?と心配になりますよね、当然。
まあ、途中代行バスで走ってみるというのも一興ではあるのだけれど、折角なので全線乗り通したいし、空港から先ずはチェンマイ駅に向かって駅で確認してみると、どうやら既に全線を通じての運行は再開されているらしく、一安心でした。
Kp1030144
チェンマイ駅で出発を待つブルトレ車両。紫色はタイでは高貴な色です(日本でも昔はそうでしたよね)。

温泉から駅へ戻ると、やあやあ、紫と紺色に塗り替えられた(タイでは紫は高貴な色)ブルートレイン編成の特急14列車バンコク・ファラムポーン行きが出発を待っています。両端には荷物車と電源車、それに韓国大宇製と思しきステンレス製の一等寝台車と、派手な色違いの食堂車が編成美を乱してはいますが、長編成のブルートレインですよ。ワクワクしてきました。
Kp1030147
ワクワクしている乗客1。 別にサボをどうこうしようというわけではありません。

指定された6号車の寝台(その後、離ればなれになってしまった隣のボックスのグループと席を交換)に落ち着き、列車は定刻16時に静かにチェンマイ駅のホームを離れます。
隅っこのボックスということで向かいの席は車掌さん。後で話してみると、結構趣味で鉄道員をやってるような人で、手持ちのタブレットからは、全国各地の色んな鉄道車両の写真が次から次へと出てくるし、なにせJRの寝台車が大好きなので、チェンマイ路線に好んで乗務しているというのだから筋金入りだ。大いに盛り上がる。
Kp1030191_2
ヲタ車掌さんと。手に持っているのは食堂車からのケータリング・メニュー。

夕食は隣の食堂車で。ここは冷房がついておらず開け放たれた窓からは走行音が盛大に入ってくるけど、他方で車内は乗客の過半を占める欧米人観光客のパブと化しており、こちらも負けじと盛大に盛り上がっていました。我々もその一画に席を占め、夕陽を浴びながら、流れゆく車窓を眺めつつ、辛いタイ料理をつまみに戴く冷えたビールはサイコー!な、ブルートレインの旅なのでした。
あ、その事故区間は、結局夜中になってしまったのでよくわかりませんでしたが、件の車掌氏曰く、もう片付けちゃったよ、とのことでした。
Kmp1030236
食堂車でご機嫌な二人。料理はまだかー。

Kp1030347
特急列車の脱線転覆を伝える地元紙。読めませんけど。

|

« 異国で温泉は、よい♪  | トップページ | 久し振りのバンコクから南へ。 »

コメント

go asiaさま、
はじめまして。コメントありがとうございます。
そうですか、やはり事故直後は一部不通・バス代行だったのですね。それはそれで面白い体験だったでしょうね。
我々の時も、記事のとおり車掌さんには大変良くして貰いました。ああやって日本の客車、日本シンパが多く、日本人旅行者が親切にして貰えるのはとても嬉しいです。
ところで、一等寝台車は我々の時も韓国製でした。オロネはどこへ行ってしまったんでしょうね?

投稿: 落花生。 | 2013年8月20日 (火) 21時21分

はじめまして。

キリラッタニコム線を色々検索している中でこちらのサイトにお邪魔させていただきました。

私は7月17日の北本線事故翌日、7月18日にチェンマイ1600PM発・SP14列車(ブルートレイン)を利用しました。乗車当日に新聞で前日の事故の事を知りどうなるか心配しつつチェンマイ駅に行くと代行BUSで移動後、ランパーン始発となりました(後続のSP2列車もランパーン始発でした)

自分が乗車した2等寝台(2ANSJR)6号車・オハネフ25-137(元JR西日本・下関運転所)と対面出来たときは一安心でした。乗務員さんの配慮で車掌室の窓から撮影させていただいたりと思い出に残る夜汽車旅となりました。1等車だけは韓国製のものでオロネではなかったのが残念でしたが・・・・・

終着のバンコクホアランポーン駅には2時間遅れで到着でした。

長々すいませんでした。

投稿: go asia | 2013年8月18日 (日) 20時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/57870187

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱりブルトレはいいねぇ♪:

« 異国で温泉は、よい♪  | トップページ | 久し振りのバンコクから南へ。 »