« 行商人デモ、広まる。@Purwokerto。 | トップページ | ライオンエアーの長い日。 »

2013年8月31日 (土)

メダン空港新線用車両(韓国製)ようやく到着。

さて州知事選挙も無事に終わり、今日は論評とか各陣営の反応を見るので一日ローカルのTVをつけっぱなしにしていたら、昼休みだったか、ちょっと思わず目が行ってしまうニュースが流れてました。

こちら↓、先般開業したメダンのクアラナム新空港連絡鉄道ARS(Airport Railink Services) 用に、この路線を運用する国鉄PT.KAIの子会社PT.Railinkによって調達されながら、納入が新線の開業に間に合わなかった韓国Woojin(宇進電産)製の新型車両がメダン郊外のベラワン港に到着し、昨日29日に陸揚げされたというニュースです。
Arswoojin230830arrivetv1

へえこんなのがニュースになるんだねえ、日本じゃあ絶対ないわ...と思ってたら、 ↓新聞にも載ってやがる。しかもカラーだし。よっぽど嬉しかったと見える。
Ars_img2013083003292

これまで、ジャワ島で使われていた通勤用のディーゼルカー(更に遡れば、ジャカルタ近郊で使われていた電車を改造したモノ)を取り敢えず運んで来て開業に間に合わせていたのだけれど、今回ようやく空港連絡鉄道らしい内装(リクライニング・シートや、N'EXみたいな荷物置場も設けられている)の車輛が導入されてヤレヤレな訳ですね。 現在はまだ税関の検査待ちだそうですが、試運転の後、9月には運用を開始される予定になってます。

といっても、今回到着し導入されるのはまだ第一陣の4連2編成8両。第二陣の到着は12月頃になるとされており、それまでの間はこれまでのKRDE編成2本と混用されるわけですね。というか、今は2編成がフルに運用されていて、予備車が全くない状態。今回Woojin製車両(なんて呼ばれるのでしょうね)が導入されてやっと予備編成が出来たワケな筈ですが、新聞の方の記事によれば、増備車両の導入により、これまで1日10往復だけだった空港連絡列車を30往復まで増便するとのこと。
おいおい、そりゃまだ無理だろ。車両の運用だけじゃなくて、全線が単線で、途中本線との分岐駅Araskabuを挟んで2閉塞しかない(もっとあるのかな?)状態で、複線化工事をしようとしてる訳でもなく、それはちょっと無理がある気もするのだけれど…  だし、空港連絡鉄道が、いざメダンのターミナルに着いて乗ろうとしたら車両故障で予備車もなく、運休だった、お陰でフライトに乗り遅れた、なんてなったら洒落にならないゾ。

というわけで、今後このARS空港連絡鉄道、現在はアクセス道路が未整備で時間がかかる為、8万ルピアの高運賃(8月のレバラン後はプロモで6万ルピアになってたみたいです)にもかかわらず比較的好調なようですが、さてこれからどうなることでしょうね。健闘を祈る。
Arsimagerailink1 
上の報道では養生がされているのですが、デザインはこんな感じ↑になる筈でした。
なのですが、実際にはこんな感じ↓になっちゃいました。大分違わないか?? (写真はThanks to Rさん)

Arsdmu_image2

|

« 行商人デモ、広まる。@Purwokerto。 | トップページ | ライオンエアーの長い日。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/58096216

この記事へのトラックバック一覧です: メダン空港新線用車両(韓国製)ようやく到着。:

« 行商人デモ、広まる。@Purwokerto。 | トップページ | ライオンエアーの長い日。 »