« Sriwijaya Air 軽~く不具合。 | トップページ | 鉄道学校 Railway Akademi 訪問@マディウン。 »

2013年9月15日 (日)

直行するのは勿体ないので、

さて今日は日曜日。出掛けるのなら土曜日から…なんだけれど、昨日土曜日は御留守番で出掛けられなかったし、今回は明日月曜の訪問先の都合で日=月でのお出掛けになりました。
今日は夕方までにマディウンに着けばいいのだけれど、折角わざわざ出掛けるので、Argo Wilisで出発し、昼間に寄り道してからマディウン入りすることにしました。

手元の時刻表によると、この列車がソロ・バラパン駅に着くとすぐにジョグジャ方面行きのSriwedari号が出発するようだ。メダン空港新線ARS用に改造されたDMUが、結局メダンには送られず、ここソロ=ジョグジャ間でこの列車の運用に入っているという話を聞いていたのでちょっと見てみたいと期待してみたのだけれど、この時間の便は生憎以前からのKRDE赤べこ編成だった。ARS編成、当初目的のメダン空港新線には入りませんでしたが、Maguwo駅に停車するジョグジャ空港エアポートリンクとして本来目的で使われてるのであれば、幸いなのかもしれません。次回出会えるのをを楽しみにしときましょう。
2tasikmadu0915p1040999
ジオラマ・モードで遊んでみました。PG.タシクマドゥの“キューロク”ことO&K製6号機。

で、ソロ・バラパンの駅前からメータータクシーで東のカランガンヤールにある製糖工場PG.タシクマドゥ(Tasikmadu)迄は500円少々。
運行関係者もセキュリティも極めてフレンドリーな専用線のヤードで一言断って中に入らせて貰うと、今日の稼働機は“キューロク”こと6号機と、少し小型の5号機。
それに加えて観光列車用の白塗りのボイラーが残念なボルジッヒ製の3号機。サトウキビを満載したローリーの並ぶヤードを沢山の平面交差で大横断するのはちょっとした見物ではあるけれど、やっぱり現役で活躍しているほうがいいなあ。

今日日曜の夕方はソロからマディウン、スラバヤ方面行きの急行はまったく空席がなくバスで行かなければならなかったので、頃合いを見計らってタシクマドゥの集落からローカルバスでソロ=マディウン間の幹線国道に出て、モールの前の道端でスラバヤ行きの快速バスを捕まえてマディウンに向かいました。
2tasikmadu0915p1040988 
広いヤードの引き込み線を連続平面交差で大横断する観光列車。
この白く塗られた煙室扉は何とかならんもんか。

夜はいつもお付き合いいただいている在留邦人S木さんと、以前ネットで見つけたBlogの記事に感化され、朝9時半の急行でスラバヤに向かわなければならないのに、朝早起きしてタクシー飛ばしてPurwodadiの精糖工場まで蒸機を見に行ってきた 若い出張者の方ことK林さんが、たまたま図ったようにまた当地マディウンに出張に来られていたということで、3人で飲みながら、濃い~話を聞かせて戴く。
なんて書くと若干内輪受けになっちまいますが、やっぱり、普段お付き合いのない新しい方とお知り合いになれて、業界の深い話を聞かせて貰うと、勉強になりますねえ。
Tasikmadumap
PG.Tasikmadu製糖工場周辺図、ちょっとアップデート版です。

|

« Sriwijaya Air 軽~く不具合。 | トップページ | 鉄道学校 Railway Akademi 訪問@マディウン。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/58216403

この記事へのトラックバック一覧です: 直行するのは勿体ないので、:

« Sriwijaya Air 軽~く不具合。 | トップページ | 鉄道学校 Railway Akademi 訪問@マディウン。 »