« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月30日 (土)

スカブミ線“復活列車”「パンランゴ」号に乗る、前。

さて、今回の主要な目的の一つ、先般一時帰国中にちょっと書きましたが、去る11月9日に、2012年12月以来、長らくの運転休止から明けて突如運転を再開したボゴール=スカブミ間路線を目指し、今日は早起き。
この運転休止の理由というのが、使用されていた気動車を別の路線に回すために取り上げた、っていうんだから、ちょっと呆れたもの。朝の上り、夕方の下りとも、結構な乗車率(満席立ち客あり)だったのだけれど、こんなことやってちゃあ、ダメだよね。気動車がなければ客車で代走するとかしないと。

まあともあれ、今回の運転再開は1日3往復、極めて乗りにくかった前回に比べれば格段に便利になったこの路線に投入されたのは、Eksekutif2両、Ekonomi-AC3両に食堂車を連ねた客車編成。
この朝一番07:35発のパンランゴ号第7116列車に乗るべく、宿泊先のジュアンダ駅前徒歩1分のAmarisホテルを早朝5時過ぎに出て、都営6000系の始発電車でデポックへ向かい、終点で後から追っ掛けてくる環状線からのボゴール行き203系に乗り換え。この電車が10分以上遅延して来てやきもきしたものの、何とか間に合い、蘭印時代の旧駅舎の使用を止めて新たに南側の大通り沿いに新建材で自動改札専用の窓口を設けたボゴールに到着。
丁度南の方から、スカブミから上ってきた朝イチのPanrango 7115列車が回送でボゴール駅に入線してきた。乗客は乗っていない。全て、南のボゴール・パレダン駅で降ろされてしまっている。
Pangrangobogor_p1050795_2
機関車次位にバティック客車を繋ぎ、ボゴール駅に回送で入線してくる、上り「パンランゴ」号。

即ち、ここの乗り換えがあまり宜しくない。一旦改札を出て、横断歩道もない大渋滞の大通りを渡り、線路沿いに南に300mほど歩いたところが、スカブミ行きが発着する「Bogor Paledang」駅になります。雨が降っていたりでもすれば、乗り換えは面倒この上ない。
恐らくは電車区間への自動改札の導入に伴い、列車線と電車線の乗客導線が被らないようにするための措置なのだろうが、客側としては迷惑この上ない。
なにしろ列車自体は、単線上に設けられた“停留場”なパレダン駅をそのまま発車し、ボゴール駅まで入って機関車の付け替えをするのだから。乗客側としては「こっちも乗っけてってくれよ」と思うのが当然なわけで。細かく言えば、この区間は未乗!って、営業列車が走ってる区間ではないとすれば気にする必要はないし、そもそも前にはちゃんとボゴール駅から乗ってるしね、私個人的には。
Paledangstap1050808
現ボゴール駅の南に新しく作られたパレダン駅舎前、土曜朝の混雑。

仕方なく暫く歩かされてパレダン駅に向かうと、結構な数の乗客(というのか)が戻ってくる。駅へ向かおうとする客とすれ違いざまに、口々に「満席だ」と。そうか。数日前にスラバヤの駅で購入した時はまだ普通に指定券を買えたのだけれど、当日じゃあ無理な訳ね。しかしそれでは、急に街に買い物に出ようか、なんて思い立った地元の人なんかは全く使えないわけですよね。行楽客だって、「今日どこか行こうか」って来る家族連れなんかはいるわけで、やっぱり、立席乗車券、売り出すべきだと思うけどなあ。でなければちゃんとニーズを把握した上で増結とか、増便とかしないと。

出発までに長くなってしまったんで、続きます。
Pangrangopaledangp1050813_2
大混雑の狭いパレダン駅のホームに入線してくる、スカブミ行き「パンランゴ」号。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月29日 (金)

さあ活動再開(笑)

さて日本から帰って来て10日ほど、先週末は疲れて休んでたけれど、そろそろ動いてもいいかな… と思ってたら、ジャカルタ在住のその筋の方からとある気になる情報(別途)。
更には依然お世話になったジャカルタの先輩が近く転勤になるという話もあり、離任前に一度、という話になり、金曜の今日は終業後空港に向かい、(最近多いな)19:40分発のMerpati航空MZ335便でジャカルタへ。安い時は2,900円くらいであるのだけれど、今日は少々お高めで約3,900円。それでもGarudaなんかと比べれば、半値以下だから安いよね。

Mz737400img2013112903688_2
ちゃんと飛んでくれれば問題なし。携帯カメラなんで画像粗いこと。

相変わらず機体はボロボロ、は既に判ってるけど、チェックインの時に、ネットでの予約時に最前列座席を予約した筈なのに「4Aに変更です」とサラッと仰られる。いや待て、話が違うだろう。なんでだ、機材変更でビジネスクラスつきの機材になったの?と問えば、「スタッフが乗るから」とのお返事。いやいや、それは違うでしょー。スタッフが乗るから客を追い出すの?どっちが重要なの?この座席を予約するという条件で契約して支払ってるんでしょ?などと理詰めで問い詰めてひと悶着。
ああ、もう。

で、この日のMerpatiですが、少々遅れはしたものの、19時半過ぎには搭乗が始まり、程なく出発。この区間、案外遅れないんだよねー。お隣が空いてたのはよかったけれど、一番前の1Aなのに、目の前に壁が迫っていて足元は寧ろ狭かったのは予想外。1D~F側の方がお薦めですな。

というわけで21時半過ぎにはジャカルタについて、リムジンバスで市内へ。
今日のお泊りは、こっちも最近多いな。電鉄中央線ジュアンダ駅前のHotel Amaris。今日はトレインビューじゃなくて残念。さあ明日の早起きに備えて、今日は早寝としましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月28日 (木)

燃えちゃったそうです。小荷物車両。

久し振りに書きますね。ちょっと間が空いちゃいました。まあ、休暇明けであんまりネタもなかったんで。

 昨27日朝、当地スラバヤのパサールトゥリ駅で貨物車両が炎上する火災事件が発生したとのこと。本日付の当地紙「Jawa Pos」によれば、昨日の早朝4時前にジャカルタから到着したエコノミ列車「Kertajaya」号に連結された貨物車両から、午前7時過ぎに荷下ろし作業を行っていたところ出火、貨物車両数両を焼き、運送会社3社から受託していた貨物、バイク11台、家畜、衣類靴類、カーペット、ハロゲンランプなど数百万円相当の貨物が消失したと由。警察当局者の話では、出火原因は不明であるが、タバコの吸い殻である可能性があるとして、当該貨物車両に同乗していた3名の運送会社社員を拘束し事情聴取をしているとのこと。
Img20131128terbakar
青い手小荷物車が燃えちゃってますね。 保険とか入ってるのかしら。

 ジャカルタ=スラバヤ間を結ぶ北本線は、ジャワ島第一の幹線でもあり、急行貨物専用列車も運行される等、貨物流動も多い路線です。
 例の数年前の追突事故以来、優等旅客列車の最後尾には乗客を乗せず、電源車、荷物車等を連結することとなっているのは既報のとおりですが、これら荷物車は中には荷物を積まず全くの控車として連結されているケースが殆どなのだけれど、時折途中停車駅で荷物の積み卸しをしているのを見かけることもあり、実際に使われていることもあるとは承知していたけれど、数両も連結されているケースもあるのね。主要駅には旅客駅舎の脇には鉄道貨物取り扱い業者の事務所が設けられているのを見かけることもあったし、我が国では消滅して久しい、小荷物輸送“チッキ”って言いましたよね、あれが残っているんですね。今回火災被害にあったのは、そんな小荷物託送の荷物だったわけです。

 そういえば、日本の鉄な方の一派で、“蒐集鉄”とされる方々には、古い手小荷物切符なんかを集めておられるかたもいらっしゃり、これらは一般の乗車券等と比較して現存枚数も少なく、希少性も高いのだそうです。
 一度インドネシアでもチッキ託送をお願いして、切符の実物を見てみますかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月20日 (水)

そういえば空港で、

スラバヤ帰ってきて仕事始め初日の今日ですが、まあ当然仕事がたくさん溜まってて、予想どおり大変な日ではあったんですが、それもともかく、
Mia3192013111903664
スラバヤ行きSilkAir MI226便は珍しいA319。初乗りではない筈だけれど。

昨日のこのMI226便にシンガポール・チャンギ空港での搭乗前、隣のゲートに同じSilkAir便が到着したんだけれど、そこから出てきた、恐らく大陸系中国人と思しき乗客2名を取り囲む数名の警察官と客室乗務員らが物々しい雰囲気。小さくなってソファーに腰掛ける乗客2人は、インド系とマレー系の警察官とは上手く意志疎通が出来ていないようだ。静止を聞かず携帯電話を弄っていたのを取り上げられていたし、非難口調で警官に説明する乗務員などの雰囲気から察するに、どうやら機内で何かやらかして通報されたらしい。

警官が落し物をしたのを教えたことをきっかけに「彼ら、何やったの?」と聞いてみたが、苦笑いして教えて貰えず。
酔っぱらってはいないようだけれど、スッチーさんにセクハラでもやったか? 
゛出稼ぎ民工”といった風体ではなかったものの、困ったもんですなあ。
Sin2013111903663_2
結局当方の搭乗まで動きなし。警官(左など)と容疑者?(右)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月19日 (火)

スラバヤ戻ります。

さて長かったお休みもおしまい、スラバヤに戻ります。
前回はA380に乗りたかったので成田発を選び、深夜3時にシンガポールについて難儀したけど、今回は羽田から日付変わって19日の0時半発、フツーのB777でシンガポールへ。
新宿西口からリムジンバスで羽田の国際線ターミナルに着いてチェックインしてみれば、なんと今日のこのSQ633便、満席だという。こんな11月の月曜日になんで⁉と聞いてみたら、修学旅行生が大挙乗り込んでいるんだとか。
あー、そうですか。んならば、と、グランドハンドリングの担当女性係員に、女子高生の隣でもいいですよ、と言ってみるが、軽ーく笑われました。あ、勿論冗談ですから。

そのB777、当然のことながら往路と同じであまりエンターテイメントの種類も多くなく、往路とは月も変わってるのに見られる映画も殆ど同じ。夜行便だからまあいいんだけどさ。
食事も深夜0時半発なので、離陸後にちょっとした軽食(竹の葉に包んだおこわみたいなもの)、朝食もパサパサの鶏肉と蒸らしに失敗したようなご飯と、SQにしてはガッカリさんでした。なのでわざわざ写真載せるまでもなく。

シンガポールでは30年以上の付き合いになる友人、っていうか幼馴染ですな。とランチののち、夕方16時半発のSilkAir・MI226便でスラバヤへ。機材はA319ということで、A320は幾らでも乗る機会はあるけれど、短いほうの319ってのはあんまり乗ったことがないですね。
SilkAir運航便なので、食事はまあ同じ路線の午前便、SQの直営便とは比べるまでもなく、シートテレビもなし。
どうせだから夕方便の方もSQ運航にして欲しいところだけれど、生憎今日の乗りは半分強といったところか。A319でこれだから、SQのA330運航で採算とるのは、少々厳しいのかもしれませんね。

あ、例の鼻手術の影響で、気圧が変わって出血する可能性がある点が少し心配されてましたが、何事もありませんでした。ヤレヤレ。
Mi2262013111903667
MI226便 シンガポール→スラバヤ間の機内食。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 8日 (金)

鼻中隔彎曲症手術記(6)

さて間もなくスラバヤに帰任、ということで、今日は再度鼻のクリニックで術後経過検査。
既に鼻の腫れ上がりも小さくなっていたので、前回全部抜いたかと思っていたら、実はまだ数枚のガーゼが両鼻の中に入っていたらしく、それを全部抜き去り。これで一瞬すっきりしたと思いきや、今度はまたガーゼ…と思ったら、紙状の薬をねじ込み、鼻の内壁(鼻中隔ですな)に張り付け、これがそのうち術後の荒れて炎症を起こしている壁面の回復を早めてくれるらしい。なんかまだ何か中に残ってるようで落ち着かないんだけど。
合わせて、気が付かなかったのだけれど、実は手術の日に鼻中隔の軟骨を一部切除した際、(実は生まれて初めてなのですが、)縫合もなされていたようで、その際の糸が血と鼻汁と瘡蓋と一体となってしまっていたのをハサミで除去。

今回も抜き差しの際にはそれなりの痛みを伴いましたが、まあ完調とは言わないまでも、それなりに順調な回復を見せているようで、飛行機乗って帰国してもよし、と無事のお墨付きをいただきました。ダメなら休暇延長、ってのもあったんですけどね。wkwkwk

そんなわけで、後は鼻洗浄と点鼻薬で次第に治っていくのを見守ってね、次回帰国時にも見せに来てね、ということで今回の一連の処置終了。ヤレヤレでした。

最後になりますが、手術前の鼻のCT写真を貰いました。もう、明らかに曲がって右側の通路が狭くなってるし、鼻の上の付け根のところ(写真下)なんか、骨が折れてる。小学校時代に鉄棒から落ちて大怪我した際の後遺症の可能性が高い由。その時ちゃんと治療してれば、こんなに曲がらなかったのかもね。
Hanaimg03652

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 7日 (木)

鼻中隔彎曲症手術記(5)

さて数日間が空いてしまいましたが、何もしていなかったわけではありません。いや、何も出来なかったのか。悶えてました。腫れ上がった鼻の奥の外側、即ち目の間辺りから鼻の出口までの周辺が、もうどうにもこうにも。
Hanaimage1_4

そして今日7日、漸くその苦しみから解放される、ガーゼ抜きの日、喜び勇んで指定時刻に京橋のクリニックへ。
待つこと暫し、オペの日と同じ簡易ベッドに横向きに寝かされたのち、麻酔も何もなくいきなりピンセットを鼻に突っ込まれ、鼻の奥深くに詰め込まれた大量のガーゼを一気に引き出す、その刹那走る激痛(!涙) フック船長の鍵の手で鼻を引っ張られるような痛みに耐えつつ、更に消毒薬を塗ったガーゼを突っ込まれ、抜かれ… 
と、やっとの思いで(実際はホンの十数分)一週間目の術後処理終了。あー涙目。

回復度は比較的順調だそうで、これで鼻の中の瘡蓋がとれたら、ホントに生まれ変わったようにスッキリするのだろう、と期待しつつの帰り道でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年11月 5日 (火)

スカブミまで運転再開、そしてチアンジュールへ!

インドネシアを離れて10日、こういう時ほど色々なことが起こるもので、気を付けてアンテナを張っていなくても、インドネシアの友人らのFacebookなどを通じていろんな情報が入ってきます。
そんな中で、一つ気になったのというか、帰任後が楽しみになったのがこちら。

既にいつもお世話になっておるパクアン急行さんのブログにも書かれているとおり、2012年12月から車両繰りの影響で運休を余儀なくされていた、ジャカルタ=バンドゥン間を南回りで結ぶ路線のうちボゴール=スカブミ間57kmがこの11月9日から運転再開となるとのこと。

以前一度乗りに行ってみたことがあるのですが、その時は、改造により2等ビスニス車となった日本製気動車により運転され、スカブミ早朝発、ボゴール夕刻発スカブミ夜着と、ジャカルタ在住者にとってもとても乗りづらいスケジュールでした。ところが、今回運転開始となるKA.Pangrango号は、スカブミ発05:00、10:00、15:00、ボゴール発が07:30、12:30、17:30の三往復で、十分にジャカルタから日帰り出来るダイヤが組まれています。
Pangrango818557335_2
 KA.Pangrango号運転再開! 
チラシでは随分と長編成に見えますが…

また、国鉄PT.KAI(DAOP1:第一鉄道管理局)のプレスリリースによれば、近隣の山の名前から取ったこの「パンランゴ」号、車両はCC204型DLが牽引し(細かいね)、Eksekutif車1両、Ekonomi-AC車3両に電源車と、今回は客車編成となる模様。
途中停車駅は、1. Maseng 3. Cigombong 4. Cicurug 5. Parungkuda 6. Cibadak 7. Karang Tengah 8. Cisaat 9. Sukabumi となっているので、結構多くの駅に止まっていくみたいです。

さらに喜ばしいことに、同プレスリリースによれば、来る2014年1月上旬からは、スカブミから先、長く運休となってきたチアンジュールまでの区間の運転を再開、直通運転するようになるとのこと!
それに合わせて本パンランゴ号用に2編成の客車が用意されるというから、スカブミ=ボゴール間3往復は維持されるようです。

既に料金も発表になっており、ボゴールからスカブミまではEksekutif:Rp.35,000、Ekonomi-AC:Rp:15,000。更にチアンジュールまでは同額が加算され、ボゴール=チアンジュール間でEksekutif:Rp.70,000、Ekonomi-ACでRp.30,000となるとのこと。
ジャカルタ=バンドゥン間のアルゴ・パラヒャンガンと比べて決して料金的に安くはないので、直ちに競合ルートとなる感じではないですが、クルマで近くを走る限り、風光明媚なこの区間の列車の運転再開は誠に朗報。
再開通がとっても楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年11月 4日 (月)

埼京線205系ジャカルタ到着!

既にジャカルタの現地鉄っちゃん達がFB上で大騒ぎしており、各種趣味のブログにも引用されているので御承知の方も多いようですが、先般より導入が今や遅しと待たれていたジャボデタベック待望の新導入車、JR東日本埼京線で使用されていた205系電車の中古譲渡車第一陣30両が昨3日、ジャカルタのタンジュンプリオク港に到着、陸揚げされました。
これはジャカルタ近郊電車の運営会社PT.KCJが至近の輸送力増強・非冷房旧型エコノミ電車の全廃に合わせて180両の中古電車を導入するとの入札が公示して以降、その筋の関係者の間では(関係会社間の確執などを含めて)色々と噂されていましたが、それでも紆余曲折を経て先般新潟港から搬出され、2週間の船旅を経て、今般到着したわけです。

今般到着・陸揚げされた車両は順次マンガライのバライ・ヤサに回送されて、現地紙「KOMPAS」(ネット版)によれば、広報担当マネージャー・エバ女史は本年末までに180両全車が到着、各々一カ月程度の改造・運輸省の承認に要する期間を経た後、営業運転に入る予定であると述べている由。一カ月、じゃあ無理かな、これまでの前例に鑑みれば。

そんな訳で、休暇を終えてインドネシアに戻ると、(予定どおりにいけば)もう間もなくこの205系が、赤と黄色のKCJカラーに塗り替えられて、営業運転を開始する訳ですな。180両ということは、取り敢えず18編成と、予備車が20両。こちらは部品取りか、先頭改造車でも作ってもう2編成くらい組成しちゃうのか。
今回は座席格納可能な6扉車も併せて導入されており、このギミックが(いつまで)キチンと使われるか、楽しみです。

205img2013110401980
現地紙上にはカラー写真で陸揚げの様子が。夜中の取材、ご苦労様でした。
Thanks to 元同僚T中さん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 1日 (金)

鼻中隔彎曲症手術記(4)

明けて11月1日。鼻から目にかけてとその一帯がともかく痛く、目を開けているのも少々辛い。
晴れ上がった鼻とガーゼをマスクで隠し、地下鉄とタクシーを乗り継いで中野の実家まで取り敢えず帰宅、鼻からは血の混ざった鼻汁がダラダラと流れてガーゼは濁った色に染まり、目からはやはり血の混じった赤い涙… もう産卵中の海亀の気分。

Hanaimage1_4_2

それでも食欲は普通にあり… まあ体のほかの部分は普通に活動しているわけだからね。
37℃ほどの微熱はあるけれど、病院からは「38℃以上の高熱」「猛烈な頭痛」「止まらないサラサラの鼻血」の場合には連絡するようにと言われており、今の症状はどれにも当てはまらず、術後発生し得る症状の範囲内らしいので、貰った抗生剤と鎮痛剤飲んで寝るしかない。
これがあと数日続くのか…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »