« さあ活動再開(笑) | トップページ | スカブミ線“復活列車”「パンランゴ」号に乗る。やっと。 »

2013年11月30日 (土)

スカブミ線“復活列車”「パンランゴ」号に乗る、前。

さて、今回の主要な目的の一つ、先般一時帰国中にちょっと書きましたが、去る11月9日に、2012年12月以来、長らくの運転休止から明けて突如運転を再開したボゴール=スカブミ間路線を目指し、今日は早起き。
この運転休止の理由というのが、使用されていた気動車を別の路線に回すために取り上げた、っていうんだから、ちょっと呆れたもの。朝の上り、夕方の下りとも、結構な乗車率(満席立ち客あり)だったのだけれど、こんなことやってちゃあ、ダメだよね。気動車がなければ客車で代走するとかしないと。

まあともあれ、今回の運転再開は1日3往復、極めて乗りにくかった前回に比べれば格段に便利になったこの路線に投入されたのは、Eksekutif2両、Ekonomi-AC3両に食堂車を連ねた客車編成。
この朝一番07:35発のパンランゴ号第7116列車に乗るべく、宿泊先のジュアンダ駅前徒歩1分のAmarisホテルを早朝5時過ぎに出て、都営6000系の始発電車でデポックへ向かい、終点で後から追っ掛けてくる環状線からのボゴール行き203系に乗り換え。この電車が10分以上遅延して来てやきもきしたものの、何とか間に合い、蘭印時代の旧駅舎の使用を止めて新たに南側の大通り沿いに新建材で自動改札専用の窓口を設けたボゴールに到着。
丁度南の方から、スカブミから上ってきた朝イチのPanrango 7115列車が回送でボゴール駅に入線してきた。乗客は乗っていない。全て、南のボゴール・パレダン駅で降ろされてしまっている。
Pangrangobogor_p1050795_2
機関車次位にバティック客車を繋ぎ、ボゴール駅に回送で入線してくる、上り「パンランゴ」号。

即ち、ここの乗り換えがあまり宜しくない。一旦改札を出て、横断歩道もない大渋滞の大通りを渡り、線路沿いに南に300mほど歩いたところが、スカブミ行きが発着する「Bogor Paledang」駅になります。雨が降っていたりでもすれば、乗り換えは面倒この上ない。
恐らくは電車区間への自動改札の導入に伴い、列車線と電車線の乗客導線が被らないようにするための措置なのだろうが、客側としては迷惑この上ない。
なにしろ列車自体は、単線上に設けられた“停留場”なパレダン駅をそのまま発車し、ボゴール駅まで入って機関車の付け替えをするのだから。乗客側としては「こっちも乗っけてってくれよ」と思うのが当然なわけで。細かく言えば、この区間は未乗!って、営業列車が走ってる区間ではないとすれば気にする必要はないし、そもそも前にはちゃんとボゴール駅から乗ってるしね、私個人的には。
Paledangstap1050808
現ボゴール駅の南に新しく作られたパレダン駅舎前、土曜朝の混雑。

仕方なく暫く歩かされてパレダン駅に向かうと、結構な数の乗客(というのか)が戻ってくる。駅へ向かおうとする客とすれ違いざまに、口々に「満席だ」と。そうか。数日前にスラバヤの駅で購入した時はまだ普通に指定券を買えたのだけれど、当日じゃあ無理な訳ね。しかしそれでは、急に街に買い物に出ようか、なんて思い立った地元の人なんかは全く使えないわけですよね。行楽客だって、「今日どこか行こうか」って来る家族連れなんかはいるわけで、やっぱり、立席乗車券、売り出すべきだと思うけどなあ。でなければちゃんとニーズを把握した上で増結とか、増便とかしないと。

出発までに長くなってしまったんで、続きます。
Pangrangopaledangp1050813_2
大混雑の狭いパレダン駅のホームに入線してくる、スカブミ行き「パンランゴ」号。

|

« さあ活動再開(笑) | トップページ | スカブミ線“復活列車”「パンランゴ」号に乗る。やっと。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/58692772

この記事へのトラックバック一覧です: スカブミ線“復活列車”「パンランゴ」号に乗る、前。:

« さあ活動再開(笑) | トップページ | スカブミ線“復活列車”「パンランゴ」号に乗る。やっと。 »