« シドトポ・デポ訪問。 | トップページ | 来年度予算だそうです。 »

2013年12月11日 (水)

バライヤサ・スラバヤ・グブン訪問。

シドトポのデポから、次はグブン駅の北東側に広がる、バライヤサ・スラバヤ・グブンに移動。
到着してみると、バライヤサの責任者氏自らが出迎え、会議室に案内された。室内にはこのバライヤサの課長・副課長級が十数名ズラリと勢揃い。いや、こちらはちょっと見学させて貰えればよかったのですが、こんな大仰に準備して出迎えられるとちょっと恐縮してしまいました。
で、パワーポイントでの説明が始まり、曰く、10万㎡の土地に設けられたこのバライヤサ、スラバヤ・グブン、従業員は267名、ジョグジャの同じバライヤサと分担し、ジャワ島の約1/3の車両の整備補修を行っているが、基本的に客車と貨車が専門、機関車と気動車はジョグジャや他の担当なのだそう。
Sgudepop1060040
大型トラバーサーが動き回る、バライヤサの構内。改造工事を受ける二等ビスニス車が多数見える。 ん?なんか一台気になる小さいのが見えるぞ。

一通りの説明ののち、構内の見学に移ると、大型トラバーサーを備えた補修庫内では重点検整備に加え、車両の改造が随分多く行われている趣きだった。
中でも、近い将来全廃の方向性が打ち出されている二等Bisnis車を側板から取り替えて一等Eksekutif小窓車に、あるいは荷物・電源車に改造したりという光景が何カ所か。
後は一行の関心事項、補修部品がきちんと整理・管理されて保管されているところや、今後のプロジェクトに必要な、メンテナンス能力等を視察。
最後は補修点検をほぼ終えて出てきた電源車が、雨漏り点検の施設に小型のロコに押されて出ていくのを眺めておしまい。
出張者の皆様も、見学・情報収集結果には十分満足されたようで何よりでした。

こちらといえば、今日一日はちょっとお仕事とは言い難いですな。上司には有給扱いの申し出をしているので、まあいいのですが。
Sgudepop1060058
気になる小型機の正体はこちら。「Joko Tole」号と名付けられた、ロッド式の小型機。

|

« シドトポ・デポ訪問。 | トップページ | 来年度予算だそうです。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/58763992

この記事へのトラックバック一覧です: バライヤサ・スラバヤ・グブン訪問。:

« シドトポ・デポ訪問。 | トップページ | 来年度予算だそうです。 »