« 最後の残留日本兵を訪ねて。 | トップページ | 再開アチェ鉄道に乗る(プロローグ)。 »

2014年1月25日 (土)

アチェに行ってみることにしました。

今週末、暫く諸般のお仕事の都合上、お出掛けが難しいとの事情もあり、月曜日に一日お休みをいただいてお出掛けしてくることにしました。

今回の行先は、初の訪問となるスマトラ最北端のアチェ州。かつてはナングロ・アチェ・ダルサラーム州と呼ばれていました。アチェといえば2004年末にスマトラ島沖大地震に伴う大津波で、23万人ともいわれる膨大な数の犠牲者を出したところです。以前から一度行かなければならないと思っていたところですが、今回ジャカルタから数えて在勤3年半にしてようやく重い腰を上げた・・・わけです。というには勿論、というか、案の定理由はあるわけで、去年の年末12月頭に、既に30年以上前に運転が取りやめられて放置されていたのが、一部区間で試験運転を再開したというアチェ鉄道に乗ってみるというのが目的なわけなのですが。

スラバヤからアチェに行くには、直行便はないので、先ずは1日1本の直行便がある北スマトラのメダンまで3時間、約2,000kmを一気に飛びます。
この直行便、運行会社は国内最大手のLCC、Lion Airで、都合のいいことにその先、アチェ南部のロクスマウェ迄の乗り継ぎ便もグループ企業のWings Airの運行で、一括して購入することが出来ます。遅れた場合の乗継をあまりケアしてくれないLCCだけど、同じ企業で、乗継便として発券してくれる以上、何とかしてくれるんじゃないかという期待もありますね。

幸いにも本日の早朝便、朝4時に起きてタクシーで空港へ向かい、6時発のJT979便、あまり機数の多くないB737-800NGは、6割ほどの搭乗率で、ほぼ定刻にスラバヤ空港を離陸。同社で大多数を占める新車(?)で導入したB737-900に比べると、若干座席間隔が広い気がするのですが(中古で買ったからかな?)、なにせ3時間という長距離便、ありがたいこと。
Lswap_p1060772
メダン(KNO)→ロクスマウェ(LSW)を週3便結ぶWings AirのATR72型機。

早起きだったのでうつらうつらするうちに、あっという間に朝9時過ぎ、ほぼ定刻にメダンのクアラ・ナム新空港に到着。
乗り継ぎは10:20発のIW1250便、週に3本火木土だけのロクスマウェ行き。Lion Air系列のフィーダー子会社のWings Airの運行で、東南アジアのローカル線では最早主力となった感のあるATR72-500型機はこちらも7割ほどの適度な搭乗率で、20分ほどの遅れで無事離陸。当初は2A席を指定されていたのだけれど、離陸前にCAさんから最前列の1Aに移るように言われ(非常口があるんですね。何かあったら手助けを、ということで。)足元も広くなってラッキー。プロペラ機は巡航高度が少し低いため、山並みや下界の景色を眺めることが出来ていいですね。

40分ほどのフライトで到着したアチェ州南部のロクスマウェ空港は、週に3便、このメダンからのATR機が飛んで来るだけのローカル空港なんですが、以前降り立ったことのある東ジャワ州東部のバニュワンギ空港に比べると、結構立派な造りでした。
なんでもこの定期便に加え、LNG会社が社員専用のフライトを飛ばしているそうで。
Lswap_p1060773
超ローカル空港にしては、なかなか立派な造りのロクスマウェ空港ビル。

さてこのロクスマウェ・マリクス・サレー(Malikus Saleh)空港、着いたはいいのですが、市内へ向かう足が、公共交通機関がないようです。1台だけ停まっていたバスは、LNG会社の社員用だそう。タクシーで市内へは20万ルピアもするようで、さてどうしたものか。

今回最初の目的地は、空港からほど近いブンカー(Bungkaih)と呼ばれるエリア。取り敢えず空港出口の方に向かい、警備の警官に「公共交通機関はないの?」と聞いてみると、バイクの後ろでよければ… ということで2万ルピアで交渉成立。距離的にはその半額くらいかな。勤務中の若い警官が自分のバイクの後ろに乗せてくれ、出発―。
これほど安全な交通機関もない?かな。
さあ本日の活動開始です(つづく)。

|

« 最後の残留日本兵を訪ねて。 | トップページ | 再開アチェ鉄道に乗る(プロローグ)。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/59028814

この記事へのトラックバック一覧です: アチェに行ってみることにしました。:

« 最後の残留日本兵を訪ねて。 | トップページ | 再開アチェ鉄道に乗る(プロローグ)。 »