« 噴火の影響で、 | トップページ | 三日目の正直:スラバヤ空港新ターミナル。 »

2014年2月15日 (土)

スラバヤ空港、今日も開かず。

今日も噴火の影響で朝から空港閉鎖が続いた。朝起きて取り敢えずローカルのTVのネットニュースにかじりつくが、いずれもスラバヤに加え、マラン、ソロ、ジョグジャ、スマラン等、東ジャワ~中部ジャワ各地の空港は全く再開していないようだ。

周辺住民の避難は相次いでいるものの、在留邦人が怪我をしたといった情報はないようで、こちらは不幸中の幸い。取り敢えず当面の課題としては、出張者の送り出し。もし今夕のフライトに乗れなければ、もう一泊するか、陸路でジャカルタかバリに脱出するか…といった判断を迫られることになる。

もう一つの問題は、手持ちの航空券。彼らは、日本=DPS=SUB=DPS=日本という航空券を持っており、規則上は順番に使わなければならず、SUB=DPSといった一部区間をすっ飛ばしてデンパサールから日本行きのフライトに乗るということはできないのが原則。
とはいえ天災で飛行機が飛べないというのだからこれは特別扱いをしてくれないと困る。更に複雑なのは、この切符が本邦内の旅行代理店経由で発券しており、当地の窓口でそのような扱いは出来ない、発券個所経由で手続きを、と言われる可能性があり、それが本邦内の旅行会社が週末でお休みに入っちゃってるんじゃないか、という懸念も。

そんなわけで朝10時の開店を待ち侘び、市内西方チプトラ・ワールド内のGAの支店で交渉開始。この時点ではまだ午後には運行再開という可能性はあったが、閉鎖継続に備えて、取り敢えず翌日の同じ便を予約。原則認められないダブりの予約になるが、あっさりと、「今日の便が欠航決定した時点で、明日の予約が生きます」との柔軟な対応。
その後出張者をホテルに迎えに行き、相談しつつ市内ブミホテルのガルーダのオフィスに行くと事務所は変更・払い戻しを求める客で溢れ、整理券をとると既に120人待ちという状態。Blackberryのグループを使って連絡を取り合っている、別の出張者対応をしている同僚からは、Lion Airは210人待ちだとかいう悲鳴が入ってきた。

お昼の時点で、どうやら少なくとも18時迄は再開しない予定という当局者談が伝わってきたので、今夕の便でデンパサール経由帰国予定だった方々は今晩の夜行便に乗れないことが確定。陸路でジャカルタかバリに脱出するか…といった検討を始め、日本側の経理担当者と電話で調整をしだした。クルマを借り上げてバリまで行くには3万円はかかるからね。

そんなこんなで色々な情報が飛び交い、100km南のマラン空港が開いて2本離陸しただけでまた閉まったとか、バリ行きのクルマの手配や(ジャカルタまでは断られた。700kmあるからね…)、もう一人(昨日苦労して夕方のフライトを購入した)ジャカルタからの出張者用のSriwijaya Airの航空券の払い戻し・・・ これが、購入した旅行会社は閉店しているし、Sriwijayaの支店は全く電話に出ないので、もうこちらに直接出向く。数十人待ちの後、払い戻しは現金ではなく、バウチャーでしか戻さないなどと言い出して揉めるが、もう最後は仕方がない。自分でバウチャー引き取って、次回の旅行で使う覚悟をする。

それでも、本邦出張者分は首尾よくSUB=DPSを不使用としてデンパサールから日本行きの便に乗る、不乗区間は帰国後代理店経由で払い戻しという措置にGA側の了解を取り付けて裏書きして貰い、並行してバリまでのクルマを確保。ジャカルタ行きの出張者はバリまでクルマで行ってジャカルタへ飛ぶ… と思ったら、今度は明日のデンパサール→ジャカルタのGAが悉くすべて満席で一瞬焦ったが、こちらは、Sriwijaya Airの夕方16:50発の便が最後4席となっていたのに滑り込み、上述のバウチャーに少し追加を足してこれを購入することで、結果オーライ。なんだか今回はスリウィジャヤ・エアー様様でしたかね。しかし、あぁ、精算面倒くさそうだ。

そんなわけでバリに向かうイノーバを見送った後、今度は別の出張者の方々のお相手。こちらは一部メンバーがLion Airでマカッサルに飛ぶ予定だったということで、流石に陸路で代替、というわけにはいかない。「船で行きますか?」というのは冗談にしても、こちらは一行全員、市内のホテルに泊まって明日の空港再開にかける、との方針。
空港調査関係の出張者だったこともあり、空港が再開できていなかった昨日今日、管制など空港関係職員が暇だったと見え、予想以上に調査自体が順調というか、いろいろ話を聞けたという嬉しい?誤算だったとか。それは何より。不幸中の幸いっというか。(^-^;;
Sjmrgp1190509
今日は仕事でバタバタしてる間、大混雑の航空会社のオフィスの写真一枚撮るのも忘れてました… 替わりに、2回助けられたので、スリウィジャヤ航空の新塗装機@マラン空港にて。

|

« 噴火の影響で、 | トップページ | 三日目の正直:スラバヤ空港新ターミナル。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/59142254

この記事へのトラックバック一覧です: スラバヤ空港、今日も開かず。:

« 噴火の影響で、 | トップページ | 三日目の正直:スラバヤ空港新ターミナル。 »