« ダイヤ改正、始まる(?) | トップページ | スラバヤでも洪水なってます。 »

2014年2月 5日 (水)

ダイヤ改正、続報。

昨日のKA.アジサカ号運転開始の報を読み、いよいよダイヤ改正が本格化したらしいことが判ってきたので、ネットで少し調べてみたり、頂き物の時刻表(但しダイヤ上設定されているだけで実際に運転されていない列車が多数掲載されているもの)などと照らし合わせたりしてみると、当地スラバヤ関連でも幾つかの新列車が運転開始されるらしいことが見えてきた。
なので、昨4日、お昼休みに事務所近くのスラバヤ・グブン駅を訪ねて、少し聞き取りしてみたところ、以下のような状況が判ってきました。

・スラバヤ・グブン=マラン間「Bima Ekspres」(夜行列車ビマ号の間合い運用で全車一等Eksektif車):2月8日運転開始 SUB06:18-08:35ML、ML15:10-17:18SGU

・スラバヤ=ジュンブル間、「Turranga Ekspres」(夜行列車トゥランガ号の間合い運用列車、全車一等):運転開始時期未定
・スラバヤ=マディウン間「KA.Sarangan」(「Mutiara Selatan」の間合い運用列車、全車二等ビスニス):運転開始時期未定
・スラバヤ=チェプー間「KA.Maharani」(「Kertajaya」の間合い運用列車、全車エコノミAC:運転開始時期未定
・スラバヤ=マラン間の「KA.Penataran Ekspres」のブリタール延長:運転開始時期未定

とのこと。

更に可能な範囲で他の鉄道管理局(DAOP)分も、ということで聞いてみると、
プルウォクルト=スマラン・タワン間「KA.Kamandaka」(全車エコノミAC):2月17日運転開始、PWT05:00-10:11SMT、SMT16:15-20:50PWT 
これはまた、随分と乗りづらい時間帯に設定されたもんだ。
肝心の旅客列車運行再開区間のPrupuk-Slawi-Tegal間、Slawiの発着時刻で見ると、朝のスマラン行きは06:54発はともかく、夕方のプルウォクルト行きは19:04発と、もう日が暮れてしまってるから、車窓眺めるんなら朝便の方か。しかし朝5時発って・・・
Kamandaka2x
どこから持ってきたのか、地元鉄の皆さんのFB上にはこんな立派な案内が。

もう一つ棚ぼた情報だったのは、既に昼間の都市間列車が運転休止となって久しい、ソロ=スマラン間の列車運転の再開。
以前は確か「KA.Pandan Wangi」という愛称名だったと記憶していますが、今回運転再開となる列車は「KA.Kalijaga」号となり、先述のとおりソロのエコノミ列車発着駅となるプルウォサリを起点に、ジャカルタとを結ぶエコノミAC準急「KA.Bengawan」の間合いを利用し、PWS05:25-07:58SMT、帰路はSMT09:00-11:45PWSとなっているよう。これだと以前のパンダンワンギ時代と殆ど同じ時刻で、これまた2月17日に運転開始とのこと。これは、ソロ側、ソロ・バラパン駅から北東へ向けて走り出し、ジュブレス方面からの路線と合流してスマランを目指す三角線の一辺が未乗だから、ここも乗りに行かなければならないですな(苦笑)。
Bengawanp1030257
終着ソロ・ジュブレス駅の側線で昼寝する「ブンガワン」号。これがスマランまでアルバイトしてくるわけですね。

他にも、バンドゥン(キアラチョンドン)=クディリ間「KA.Kahuripan」の間合い運用として、バンドゥン=チアンジュール間「KA.Kiansantang」、 これは重要なチアンジュール=パダララン間の復活区間になるんだけれど、残念ながら運転開始時期は未定とのこと。ネットでは5月頃?なんて書かれてるのもありますが。
そして既に日本語でもネット上に幾つか情報の上がっている、今回の改正の目玉、ボゴール=スカブミ間「KA.Pangrango」の延長によるSukabumi-Cianjur間「KA.Siliwangi」号。

更にはジャカルタ方でも、スラバヤ=バンドゥン間「KA.Turranga」の間合いによるバンドゥン=ジャカルタ間「KA.Argo Parahyangan」、
スラバヤ=ジャカルタ間「KA.Bangunkarta」の間合いによるジャカルタ=バンドゥン間「KA.Argo Parahyangan」、
スラバヤ=ジャカルタ間「KA.Sembrani」の間合いによるジャカルタ=チルボン間「KA.Argo Jati」の、それぞれの増便が行われるみたいですが、こちらはジャカルタ在住の詳しい方に委ねましょう。
Kahuripanp1140032
旧塗装運輸省標準色のCC203が引く姿も懐かしい「カフリパン」。この編成がチアンジュールへ入るんですか。

こうやって見ると、最初一瞬「間合い運用の列車を増やす」と聞いた時には、整備点検はいつするの?使い倒して突然故障して運休とかいうのが増えるんじゃないの?というのが心配になったのだけれど、間合い運用の行き先はちゃんと整備点検が出来る客車区的な施設がある駅になってますね(スラバヤ→マラン、ジュンブル、マディウンへの変更、ソロ→スマランへの変更、など)。

まあ、取り敢えず乗りに行かなきゃならないのは、「Kamandaka」「Kalijaga」「Siliwangi」の3本のようね。次のお出掛けできる週末は・・・ よし、これを目指して切符の手配を、と。

|

« ダイヤ改正、始まる(?) | トップページ | スラバヤでも洪水なってます。 »

コメント

Selamat malam Pak Ekspres Pakuan,

そうみたいですね。まだPT.KAI公式サイトの時刻表には出てこないので、少し先なのかもしれませんが。
こちらはジャカルタ在住の皆様の情報に期待します。 よろしくお願いします!

投稿: 落花生。 | 2014年2月 5日 (水) 23時25分

Selamat malam.

パラヒャンガンも増発ですか!これは朗報!!しかもあまりの短さに撮る気も半減してしまうパラヒャンガンですから、こういうネタ編成が入るなら大歓迎。ってか宿題が増えちゃいましたね・・・。乗客減でさんざん減便・減車したものを・・・と言いたいところですが、週末ともなれば軒並み満席ですから、どういう形であれ、今回のダイヤ改正には評価出来ますね。CC206の大増備で機回しの必要が無くなったわけですから、そのまま折り返しが出来るというメリットも活かしての、間合い運用の活用なのでしょうかね。

投稿: パクアン急行 | 2014年2月 5日 (水) 02時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/59073314

この記事へのトラックバック一覧です: ダイヤ改正、続報。:

« ダイヤ改正、始まる(?) | トップページ | スラバヤでも洪水なってます。 »