« Tiger-Mandala航空、大幅減便。 | トップページ | 噴火の影響で、 »

2014年2月13日 (木)

スラバヤ空港新ターミナル開業間近!

スラバヤの空の玄関口、ジュアンダ国際空港。
ジャカルタのスカルノ=ハッタ空港に次ぐ、年間600万人もの乗降客数を数える東部インドネシア最大の空港の一つである。
ただし滑走路は1本、国内線はほぼ全てのフライトがB737やA320、ATR72といったナローボディ機で、一本しかない滑走路の離発着回数はほぼ限界に達している。

ターミナルビルは2006年に開業したばかりの、円借款で建設された滑走路の北側につくられたターミナルビルに国際線・国内線の全ての便が取り扱われているが、こちらもキャパシティが限界に近付きつつあったため、滑走路の南側の旧ターミナルをリノベーションして再利用すべく、改装工事が進められてきていた。
Juandap1060294_2
地元の空港の写真って、案外ないもんですね。ジュアンダ空港ビルからの眺め。これは落下傘部隊の訓練(左の方)を撮ったつもりのようです。

空港当局のサイトによれば、その新ターミナルビルが、この2月14日というから、もう明日ですね、からオープンするということが突然発表されました。
どうしてこの手の発表はいつも直前になっちゃうのかねえ。それによれば、この「第二」ターミナルビルは、ガルーダ・インドネシア航空と、Air Asiaの、国内線および、国際線の全フライトがこちら第二ターミナルに移転されるのだそうです。
日本からの出張者、在留邦人の利用するフライトはこちらが圧倒的に多いでしょうね。

来週は、うちの事務所関係でも“お偉いさん”な来客がある予定なので、ちょっと事前に空港に見学に行かなきゃいけないところですね。
取り敢えずはご来訪予定の皆様、ご注意ください。特に出発時、ね。

|

« Tiger-Mandala航空、大幅減便。 | トップページ | 噴火の影響で、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/59121956

この記事へのトラックバック一覧です: スラバヤ空港新ターミナル開業間近!:

« Tiger-Mandala航空、大幅減便。 | トップページ | 噴火の影響で、 »