« 復活南回り線・シリワ​ンギ号の旅。 | トップページ | Tiger-Mandala航空、大幅減便。 »

2014年2月11日 (火)

シリワンギ=パンランゴ号 おまけ。

Pangrangosip1070140
張り上げ屋根、固定窓化改造済みのエコノミAC車を連ね、スカブミ駅に進入するパンランゴ号。この駅からはシリワンギ号となってチアンジュールを目指す。

さて、スラバヤ戻ってきましたので、この週末の(再)開通シリワンギ号と、一体になって運用されているボゴール(パレダン)=スカブミ間のパンランゴ号の時刻表をアップしておきます。次にお出掛けされる方の参考になれば。Pangrangosiliwangi_2
こちらが東行き、ボゴール→スカブミ→チアンジュール方向。
こちらは西行き、チアンジュール→スカブミ→ボゴール方向の時刻表です。
Siliwangipangrango_4
なお既報のとおり、JABODETABEK電鉄のボゴール駅と、このボゴール・パレダン駅は200mほど離れており、乗継には最低10分程度の余裕が必要なことと、

今回のダイヤ改正でボゴール発の始発時刻が繰り上がり、ジャカルタ市内(マンガライ以北)の駅からでは、始発電車で出発しても、間に合わなくなってしまいました。
ジャカルタ市内に宿泊し、このボゴール・パレダン朝7:00発の列車に乗る場合、タクシー等でマンガライ以南の駅まで向かい、始発電車を捕まえる必要がありますので、ご注意を。

なお、PT.KAI公式Twitterで、残る運休区間、チアンジュール=パダララン間は本年3月にこの区間の運転再開の可能性がある旨のツイートが流れていました。乗り潰し派の方におかれては、運転再開以降を待ちますか?

Minamimawari_2
南回りでジャカルタ=バンドゥンを結ぶルートはこんな感じです。プルワカルタ周りとは競争にはならないですね。

※ 2013年3月頃から、乗車率低迷により、残念ながら減便となった模様。新時刻表はこちらのとおりです。他方、ボゴール発の初便の時刻が繰上げとなり、ジャカルタ都心部から始発電車でボゴールに向かえば間に合うようになったのは、乗り潰し派日本人には朗報ですね。

|

« 復活南回り線・シリワ​ンギ号の旅。 | トップページ | Tiger-Mandala航空、大幅減便。 »

コメント

和尚さま、
こちらこそ、ご無沙汰しております。おや、「でぶ」がHNから落ちましたね。痩せたんですか?(笑)

折角チアンジュールまで出掛けられたのに満席で乗れなかったとのこと、残念でしたね。三連休で混んでいたのでしょうか。やはり週末は事前購入が望ましいですね。
私は職場から駅が近く、昼休みや終業後に買いに行けるため、スラバヤ・グブン駅で買ったり、最近ではコンビニの発券端末も活用しています。

時刻表は、Tiket.com、PT.KAI公式サイトや同社発行資料・チラシ類、駅の刑事時刻表などいろいろ組み合わせて可能な限り包括的にすべく水面下ではいろいろジタバタ頑張っていますよ! 誰も気づいてくれませんが(笑)
この路線の最新時刻表は別途アップしておきます。

投稿: 落花生。 | 2014年4月20日 (日) 11時34分

落花生。さん、大変ご無沙汰しております。お元気そうで何よりです。

実はこの連休でプンチャッ峠を越え、はるばるチアンジュール駅まで自家用車で責めたんですが、まさかの切符売り切れによりそのままスゴスゴと車で戻ってきました・・・。どうも丸一日あれば電車での往復は可能のようですので、絶対にリベンジしたいと思っています。

ところで時刻表が変わっているようなのですが、上記の画像のような時刻表はいつもどちらから入手されているのでしょうか?また、チケットはどのように買われていますか?(Tiket.comでしょうか)

投稿: 和尚 | 2014年4月20日 (日) 02時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/59116475

この記事へのトラックバック一覧です: シリワンギ=パンランゴ号 おまけ。:

« 復活南回り線・シリワ​ンギ号の旅。 | トップページ | Tiger-Mandala航空、大幅減便。 »