« シリワンギ=パンランゴ号 おまけ。 | トップページ | スラバヤ空港新ターミナル開業間近! »

2014年2月12日 (水)

Tiger-Mandala航空、大幅減便。

そういえば数日前、先週金曜だったかの当地ローカル紙「Surabaya Post」の一面に、デカデカとカラーでTiger-Mandala航空のエアバス機の写真が。何だろうと思ってみてみると、どうやらこの現在シンガポールのTiger Air傘下のLCC、スラバヤ関係の4路線を含め、大幅減便するらしい。

まずは10日から順次・・・というから、もう昨日だな。
スラバヤ=香港便とクアラルンプール便、ジャカルタからのKL便、メダン=シンガポール便など国際線を中心に運休を開始、来月にはジャカルタからのジョグジャ、プカンバル便、シンガポール=プカンバル便、先日利用したばかりのスラバヤ=バンコク便、ジャカルタ=香港便を順次運休していくというので、確かに大幅な路線縮小だ。

これが一通り全部実施されてしまうと、当地スラバヤからのフライトは、僅かにジャカルタ便とシンガポール便が残るだけになってしまう。
Mandalatiger
ローカル紙の一面を飾るタイガー=マンダラ航空機のカラー写真。

その理由としては、ルピアの急落によりドル決済が過半となっている燃料コストが増大したための不採算路線の整理だと発表されている。

一応公式には「運行一時停止」とされているようだが、為替レートが今後しばらく大幅にルピア高に触れる要素も多くなく、当分の間運行再開は望めないだろう。

現在スラバヤには、このTiger-Mandalaの他、Air Asia、Jetstar(Valuair)、そして国内LCCの雄Lion Airなどの格安航空会社が相次いで国際線を乗り入れてきており、廉価な運賃で近隣諸国との間を往来することが出来て、当方も何回か利用させて貰っている。
それも、競争があればこそまた当然により安い運賃を享受できていたのだけれど、こうやって撤退が出てくると、運賃も次第に高止まりしていくかもしれませんね。

 

|

« シリワンギ=パンランゴ号 おまけ。 | トップページ | スラバヤ空港新ターミナル開業間近! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/59116932

この記事へのトラックバック一覧です: Tiger-Mandala航空、大幅減便。:

« シリワンギ=パンランゴ号 おまけ。 | トップページ | スラバヤ空港新ターミナル開業間近! »