« ウォノギリ支線近況。 | トップページ | 国内線、燃油サーチャージ導入。 »

2014年3月18日 (火)

205系、人気です。

先週末からちょっと体調を崩してしまい、かつ急な週末仕事もあって、大分空いてしまいました。

アクセス解析によれば、最近本Blogを訪問してくださる方の、検索数の多いキーワードは、「205系」 なんだそうです。
日本の鉄道雑誌でも時折取り上げられ、またジャカルタという街自体がそれほど危険ではないという認識が 広まってきたからか、日本からの中古車両を目当てに来訪する鉄な方々も、相変わらず引きも切らないようです。
他方、このブログを折角訪ねてきてくださった方々には申し訳ないのですが、こちら、管理人がジャカルタからは遠く離れた スラバヤ在住で、ジャカルタには月に一回も行けないような生活なので、生憎最新情報をリアルタイムで アップすることは出来ませんので、そちらはジャカルタ在住の方の詳しいブログをご覧いただければと 思います。
140317205tpk
タンジュン・プリオク港に陸揚げされる、205系電車の写真ももう見慣れてきました。

とはいえ、今日もまた、2013年度分180両の最後の30両がタンジュン・プリオク港に到着したという記事 が当地紙「Jawa Pos」に載っていました。これで一応 13年度調達分は終了。 次は2014年度調達分176両が、またそのうち送られてくるのでしょうね。これで全部合わせれば350両以上、 うーん。
全編成が稼働を開始すれば、JABODETABEKの電車の半分は、205系ということになりますねえ。スゴい(^-^ゞ
というわけで、ささやかではありますが、先週から走り出した、JABODETABEK初の10両編成電車となった、元埼京線の205系の お姿を。
205juandap1070724
イスティクラル・モスク前(ジュアンダ駅)を走る夕方の上り電車。
折り返しの下りをジャヤカルタで。2,3両目が6扉車。大分日が陰ってきてる時間なんで、画像加工かなりしてます。
205jayakartap1070745


それから、こちら。当地の大手銀行「BCA」が発行している、Flazzなるデビットカードの一種。 コンビニなどの店舗で支払いが可能なものですが、JABODETABEK圏の電鉄駅で、自動改札にそのまま通せる ということで、SUICAとかPASMOみたいな、今後活用の余地が大いに見込まれる、今後に期待される 電子マネー的な存在です。
導入自体は昨年12月ともう暫く前で、一般のFlazzは持っていたのですが、東京メトロの電車を描いた記念版をようやく入手できたので、おまけに載せておきます。
Flazz2014031504089
上のマルチトリップ・カードは東急8500「Jalita」がモデル。下のFlazzはメトロ7000か6000か。特徴上手く捉えてますね。

|

« ウォノギリ支線近況。 | トップページ | 国内線、燃油サーチャージ導入。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/59316264

この記事へのトラックバック一覧です: 205系、人気です。:

« ウォノギリ支線近況。 | トップページ | 国内線、燃油サーチャージ導入。 »