« 副大統領御召列車は新しい方。 | トップページ | JTC・ODA疑獄事件、続報。 »

2014年4月26日 (土)

ハイジャック騒ぎ(@デンパサール空港)。

この金曜25日、昼間ローカルのTVをつけたら、デンパサール行きの飛行機がハイジャックされて緊急着陸した模様とのニュースが飛び込んできた。映されている映像は同社のA330型機。
続報を聞いていると、豪州のブリスベンからバリ島のデンパサールへ向かっていた豪州の格安航空会社「Virgin Blue」のフライトだが、既にデンパサールのングラライ空港に着陸し、犯人は拘束、乗客139名と乗員に負傷者はいない由。ヤレヤレ。

と思ったら、どうやらアナウンサーの説明をよく聞くと、ハイジャックですらなかった模様。
なんでも、機内で酔っぱらった乗客がコックピットに無理やり入ろうとしたため、パイロットがハイジャック信号を発出したが、間もなくこの乗客は客室乗務員に取り押さえられたとのことらしい。
フライト自体も、その後「Virgin Australia」(2011年に社名変更してたんですね)航空VA041便のボーイング737-800型機と訂正され、同空港に着陸した機体を取り囲む警察官の画像に続き、犯人のオーストラリア人男性(28)も抵抗せずに拘束され、警察当局に連行されたとして、身分証明書の画像も晒されていた。
Virginblue2014042804217
事件の概要、拘束された”犯人”の様子などを伝える週末の当地紙「Jawa Pos」。

最近この地域での飛行機絡みの事件としては、未だ所在がつかめていないマレーシア航空MH370便の失踪事件の報道が毎日続いている中で発生した今回の事件(?)ということで、一瞬ヒヤッとしたものの、結果としては単に酒を飲み過ぎた酔っぱらいの暴走というだけで、人的・物的被害なく解決したので幸いです。邦人客も搭乗していなかったようですし。

ところで通常のフライトでは、機内で飲酒をした乗客が飲み過ぎて周囲に迷惑をかけそうな状態になると、客室乗務員はそれ以上の酒類の提供を拒否し、このような事案に発展することを防ぐ事になっている筈ですが、今回はそうなりませんでした。
今回のフライトを運行したヴァージン・オーストラリア社は、所謂LCCで、機内の飲食サービスは有料。この男性が免税店あたりで購入して持ち込んだお酒を飲み続けて(客室乗務員は自分達で販売したものじゃないから知らんぷりしてるうちに)酔っぱらったのか、
有料の機内販売で買ったお酒を(客室乗務員は、販売成績になるから、売り続けたものを)飲み過ぎたのか、報道には現れていませんので不明ですが、こんな騒ぎを起こす前に何とかできなかったもんですかねえ。

お陰でデンパサールの空港が一時的に閉鎖になり、何便かのフライトが当地フライトにダイバートされて来ていて、スラバヤ空港のターミナルも若干混乱していたようです。
今日は東京から大事なお客さんが来訪の予定だったのですが、その夕方のSilkAir便の到着時間帯までには既に落ち着いていたようで、影響はありませんでしたが。

|

« 副大統領御召列車は新しい方。 | トップページ | JTC・ODA疑獄事件、続報。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/59555077

この記事へのトラックバック一覧です: ハイジャック騒ぎ(@デンパサール空港)。:

« 副大統領御召列車は新しい方。 | トップページ | JTC・ODA疑獄事件、続報。 »