« 中部ジャワ北岸の旅(後)。 | トップページ | スマラン=ソロ、カリジャガ号の旅。(前) »

2014年4月 2日 (水)

インドララヤ支線、運転再開の報!

週末中部ジャワお出掛けの話はちょっと中断、今日はこの4月1日運転開始の新列車のお話を一つ。
つい2か月ほど前、2月上旬のこのブログで、スマトラの新列車の話の一つとして、2011年末頃から運転を休止していた南スマトラ州パレンバン市内クルタパティ駅から、近郊にあるスリイウィジャヤ大学への通学路線として開設された新線のインドララヤ駅とを結ぶ「Kertalaya」号と称する連接機構を持った“レールバス”編成を使ったSuruni号という列車が、運転再開へ向けて試運転を行った、という話を書きました。
今日2日付の南スマトラ州のローカル紙「Sriwijaya Post(ネット版)」によれば、昨4月1日、このインドララヤ支線“Kertalaya”号が運転再開したとのこと。
12kertalayap1000260
再掲になりますが、インドララヤ駅側線に留置されたクルタラヤ号編成。
なんだこの台車配置は。こんな凝った構造にする必要はない、筈。
Kertalayap1000261

同記事によれば、およそ26kmの両駅間をノンストップ36分で結んで走る、復活クルタラヤ号編成(定員292名)は、パレンバン市内クルタパティ駅を07:30、09:15発、インドララヤ発が08:19、14:18分発の1日2往復。料金は補助金対象となっているためRp.2,500だそう。
またこの運転再開に合わせ、スリウィジャヤ大学はインドララヤ駅と大学キャンパス内を結ぶ無料バスの運転を開始したとのこと情報も。

華々しく導入されたものの、あっという間に故障で使用停止となって放置されていたレールバス編成、今回キチンと修理されて使用再開されたのなら何よりですが、今後はちゃんと継続使用して欲しいもんです。
あ、ちなみに以前この路線に乗りに行った時は、この列車、土曜週末公休日など、大学がお休みの日は運休となっていましたが、今回ネット記事上には何も書かれていません。実際に(乗りに)訪問してみるときは要注意、ですね。
Indralayap10002752
近代的?不思議な造形のインドララヤ駅舎の前を、放牧中の牛がノンビリ歩く。

|

« 中部ジャワ北岸の旅(後)。 | トップページ | スマラン=ソロ、カリジャガ号の旅。(前) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/59401138

この記事へのトラックバック一覧です: インドララヤ支線、運転再開の報!:

« 中部ジャワ北岸の旅(後)。 | トップページ | スマラン=ソロ、カリジャガ号の旅。(前) »