« 大統領専用機(エアフォース・サトゥ?)、現る! | トップページ | 訪日ビザ免除?【報道】 »

2014年4月14日 (月)

今日の新聞はパガンダラン廃線跡の記事。

さて今週から半月間、上司が一時帰国で、即ちこちらはお留守番で週末も遠出が出来ない立場。
他方でこのところ2週末お出掛け出来ておらず、締めて一か月ほどスラバヤに引き籠りという ちょっと珍しい状況。 それはそれですることがあればいいのですが、問題はこのブログ、ちょっとネタがないという 事になってしまうわけですね。
まあ情報発信ではなく、筆者の備忘録なんだから、まあそれはそれでよいということで。

そんなわけで今日は今朝の全国紙、最近鉄ネタの多い「KOMPAS」から。 記事の表題は「バンジャールのエキゾチックなトンネル」ということで、 西ジャワ州東部、バンジャールからチジュラン迄伸びていた支線の廃線跡について の特集記事でした。
140414kompas04177
本日付の「KOMPAS」紙。シンボルマークまで用意し、鉄ネタ続ける気満々やなぁ。

以下、記事の内容を基に書いてます。
この路線、本Blogでも触れたことがあるが、バンドゥンとクロヤ、ジョグジャとを結ぶ南本線のバンジャール(Banjar)駅から南へ分岐し、途中から西方へ向きを変え、地球の歩き方にも出ているパガンダランを経由、更に西のチジュラン(Cijulang)までを結んでいた82kmほどの路線。
現在ではチジュランの街にはヌサウィル(Nusawiru)と称する空港もあり、ジャカルタ(ハリム) まで、Susi Airのセスナ機が定期便を飛ばしている。

この路線の開業は蘭印時代の1916年に途中43km地点のカリプチャン(Kalipucang)迄が開業、その後 1921年に残るチジュランまで39kmの区間が開業し、全通している。
しかしながら他のローカル線の例に漏れず、もともと沿線人口のそれほど多くなかったこの路線、 更には線形が流動に合致していなかったのかもしれないが、 モータリゼーションの進展により旅客・貨物輸送量が減少し、1980年には先端部のチジュラン =パガンダラン間23km、1982年には残るパガンダラン=バンジャール間の運転が終了し、 事実上廃止された。 以来30年余りがたっているが、暫く前にこのブログでも触れたとおり、この路線には今復活・運転再開計画が持ち上がっている。
というのも、この記事で触れられているとおり、この路線の特に中間部区間には多数のトンネル・ 橋梁が設けられており、それは即ちこの路線は山と谷とが続く急峻な地形の中を抜けていたということで、更にその路線は海岸部すぐ近くに出る箇所もある、大変風光明媚な区間を走っていたのである。ここに観光列車を走らせようというのだ。
Cijulangstap1020218
終点チジュラン駅跡の建物。

インドネシアの鉄道は歴史が古く、19世紀後半から20世紀初頭にかけての蘭印時代に既にその現在 まで続く鉄道の骨格を為す路線が建設されているとの事情もあり、当時の建設技術を反映して トンネルを極力避ける傾向にあった。
そのため現在でも使用されている鉄道トンネルは全国で10カ所 もない筈。 なのだが、この路線には最長1kmを超えるインドネシア鉄道史上最長のウィルヘルミナ・トンネルを 含め4本ものトンネルが掘られている。 うち3カ所はカリプチャン=パガンダラン間16kmの区間に集中し、更にこの区間には100mを 超える長大橋梁が5か所、トンネルを抜けると橋で谷を跨ぎ、そしてまたトンネルへという、目まぐるしく 移り変わる車窓が楽しめたのであろう。
その白眉が最後のチプトラピンガン橋(Jembatan Ciputrapinggan)付近。廃線跡を周った グループのサイトなどを見ると、車窓には広がるインド洋の青い海と白い砂浜を眺めつつ、 高い鉄橋で海へ注ぐ川を渡って行く区間、確かに中部ジャワ州知事ならずとも、この区間に 観光列車を走らせたくなる気持ち、わからんでもないというか、いやわかる、わかるから是非、 復活をお願いしたい区間である。

記事 添付の地図(を見易く書き直したものがこちら)
Banjarcijulang_map3_2

前回パガンダランに行った時は(同行者がいたこともあり)あまり気に留めず未訪問となって しまっているが、近い将来是非この廃線跡の橋梁やトンネルを訪問してみたいものである。

Jembatanciputrapinggan
写真出典:IPRSさま

 

|

« 大統領専用機(エアフォース・サトゥ?)、現る! | トップページ | 訪日ビザ免除?【報道】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/59471459

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の新聞はパガンダラン廃線跡の記事。:

« 大統領専用機(エアフォース・サトゥ?)、現る! | トップページ | 訪日ビザ免除?【報道】 »