« ボゴール=スカブミ=チアンジュール間最新時刻表。 | トップページ | ハイジャック騒ぎ(@デンパサール空港)。 »

2014年4月25日 (金)

副大統領御召列車は新しい方。

暫く間が空いてしまいましたね。
週末以降、仕事に没頭していた、ということでご容赦を。

今朝の当地紙「Jawa Pos」には、見たことのある、見慣れぬ列車から降りてくる、見覚えのある方のカラー写真。記事表題は「副大統領、複線と石油を視察」とあり、昨24日、ブディオノ副大統領が中部ジャワ州と東ジャワ州の境界にあるチェプー(Cepu)とボジョネゴロ(Bojonegoro)を視察したのだが、それに際し、インドネシア国鉄PT.KAIのKereta Dinas(公務編成とでも訳せばいいかな)を用いた特別列車を利用した、その御召列車から降りてくる姿でした。
S1kompas2014042504204
今回ヘラワティ夫人を伴ってこの地域を往訪した目的は、スマラン=ボジョネゴロ間の北本線の複線化工事の完成を祝う碑文に名前を書き入れるセレモニーへの出席と同区間の視察、そして同地域に所在する石油・天然ガス上流事業監督部局であるSKK Migasのサイトを訪問視察するということだったのですが、今般Kereta Dinasを用いた公務列車が走るらしいということは、毎度お世話になってますこちらのサイトにも書かれていたので知ってはいたのですが、まさかこんな東ジャワまで遠路遙々走ってきたとは。
ボジョネゴロ駅に午後14:30に到着したと書かれていますが、どこから、何時に出発して、といった情報は特段なし。でも週末にマンガライにいたのだから、副大統領もスマランまで飛行機で飛んで、そこで乗り換えてきた訳じゃあないよなあ、きっと。

ちなみにこの緑系塗装のKereta Dinas編成、2009年から2010年にかけてマディウンのINKA工場で製造された、基本設計はArgo系列の特急客車と同じものと思われます。
これが就役したために、従来大統領専用列車に使われていたNusantara、Toraja、Baliの各車両が引退するのかと思いきや、(実際2011年にはこの編成が大統領御座乗列車に用いられているのを確認しているのですが、)最近のユドヨノ大統領のお召し列車にも上述の古い特別車両が引き続き用いられており、緑色の新しい方が長くマディウンのINKAの工場に入場していたりしたこともあり、ひょっとしたらKereta Dinas編成の方に何か構造的な不備でもあるんじゃないかと心配していましたが、普通にちゃんと使えてはいるんですね。何よりです。
S1p10007082
ちなみにこの列車、通常は運輸省や国鉄PT.KAI幹部の視察用、(新型CC300型DLの)試運転の際の車両等として用いられていることが多いのですが、一番目をひく展望車の車内はこんな↓感じになってます。
S1p10007092

|

« ボゴール=スカブミ=チアンジュール間最新時刻表。 | トップページ | ハイジャック騒ぎ(@デンパサール空港)。 »

コメント

パクアン急行さま、
こんばんわ。いつも貴重な情報をありがとうございます。
この特別編成、現在まで一般の利用に供されたことはないようですが、仰るとおり貴重な展望車ですよね。
私は回送として出発前の整備・荷積みのための停車中に見せて戴いただけでしたが、是非乗せていただく機会があるといいですね…

投稿: 落花生。 | 2014年4月28日 (月) 00時21分

こんばんは。この車両、2011年に運用実績があったのですね!失礼しました。しかも車内まで見学されていたとは・・・。恐れ入ります。

Bali,Traja,Nusantaraの場合、セーフティーカーの連結で後方展望が拝めない今、数少ない展望列車ですので、是非乗ってみたいところです。が、なかなか難しそうですね。

投稿: パクアン急行 | 2014年4月27日 (日) 01時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/59536082

この記事へのトラックバック一覧です: 副大統領御召列車は新しい方。:

« ボゴール=スカブミ=チアンジュール間最新時刻表。 | トップページ | ハイジャック騒ぎ(@デンパサール空港)。 »