« 205系、増えますね。 | トップページ | ナンボ支線訪問(2) »

2014年5月 6日 (火)

ナンボ支線訪問(1)

さて日曜日続き。 ドゥリからの電車をマンガライで205系に乗り継ぎ、向かったのはデポックの先のボジョングデ。
折り返しの電車もあるそれなりの駅ではある筈なんだけど、駅前広場もなく、ゴミゴミした、路駐 するアンコッで渋滞中の道端に真新しい自動改札用の味気ない駅舎が立てられ、古い駅舎は使用されなくなっていた。 ちょっと荒れつつあって、勿体ない。
205bjgp1080848
ボジョングデまでは205系で快適移動。7人掛けの椅子に9人座ってたけど。

今日はここを起点に、一駅手前のチタヤム(Citayam)から東のナンボ(Nambo)迄の13kmほどの支線を探訪してみることにする。
この路線、JABODETABEKの電鉄路線図には出てこないけれど、ボゴール線の電車に乗っていると、立派な架線が張られた支線が分岐していくのを目にして、気になっていた人も多いだろう。(仄聞したところでは、沿線を全線歩いて踏破された某政府系援助機関Jの専門家の方もいらっしゃるとか。)
Citayambunki2_4
ボゴール方面への本線から分岐していくナンボ方面への支線。

この路線、建設されたのは意外に新しく、1997年。JABODETABEK電鉄ボゴール線のチタヤム駅を起点に東へ向かい、チビノンの街を経て、ジャカルタからボゴール・チアウィへ向かうJagorawi高速をオーバークロスして跨ぎ、東のナンボまでを結ぶ短い路線で、途中に3つの駅が設けられている。建設当初は、北本線のチカランからこの区間を経てスルポン線のパルンパンジャン迄の(半)環状線を壮大な構成する計画だったらしい。
Bjgstap1080850
使用されなくなったボジョングデ旧駅舎。独特な優雅な窓の造りなど、残して貰いたいものですが。

旅客営業が開始されたのは2002年。このナンボ駅を起点にしたKRDディーゼル列車が、チタヤムから 電鉄区間に乗り入れ、マンガライ経てジャカルタ市内のタナアバン迄、朝晩の列車の運行が あったが、2007年にこの気動車編成の故障により運行を停止、以後休止状態となっていた。
この路線が営業再開に向けて動き出したのは2012年。草ぼうぼうで荒れ果てていた線路は整備され、なんと架線が張られ、電化されたのである。
これは発展著しいジャカルタ近郊区間に新たな電化新路線誕生か!と色めき立ったのだが、その後また動きはなく・・・ と思ったら、2013年7月のエコノミ電車の全廃以降、これらの電車のうち 一部が、終点のナンボに運び込まれたりしていたという。え、旅客営業は、なしですか。
Krdnambopict1365
以前ナンボ支線を走っていたKRD列車。乗っとけばよかった…乗れた、かな?(2004)

そして昨2013年12月、この路線の営業が再開された。…が、電車が走ることはなかった。
この終点ナンボ駅は、近くにあるセメント工場、「Semen Tiga Roda(三輪印)」のブランドでセメントを製造している「PT.Indocement Tunggal Prakarsa」社の、殆ど工場内といってもいいような立地 にあるのだけれど、この工場で製造したセメントを、スラバヤ市内のカリマス港へ運ぶ、セメント専用貨物列車が発着するようになったのである。
カリマス港からは、船に積み替えて恐らくはカリマンタンやスラウェシなど、東部インドネシア地域へ 向けて船積みされていくのだろう。スラバヤには近郊のグレシック県に「Semen Gresik」という別の 大手セメント会社があるのだけれど、思いっきり競合だよな。このジャワ島を大横断しての送料をかけて運んでも競争力があるという事なのか。
Namboline_map
ナンボ支線の沿線概念図(沿線関連道路を含む)はこんな感じ。

というわけで今日はいつものパクアン急行氏と、東京から中古電車の写真を撮りに来ておられたメーカー勤務のM氏と共に降り立ったボジョングデ駅だったが、間の悪いことに空車のタクシーが全く通りかかる気配がない。
仕方がないので思案の後(時間もあまりないので)今日は客待ちをしていた、最初の目的地ポンドク・ラジェグ方面へ向かう路線アンコッと交渉、これをチャーターして周ることにしました。
今日はちょっと暑いので、エアコンつきのタクシーを奢りたいところだったけど…
Holcimp1080116
こちらは更に別のセメント会社「Holcim」の専用貨物列車。「Tiga Roda」列車の画像がなくて。

|

« 205系、増えますね。 | トップページ | ナンボ支線訪問(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/59626627

この記事へのトラックバック一覧です: ナンボ支線訪問(1):

« 205系、増えますね。 | トップページ | ナンボ支線訪問(2) »