« 帰任します。 | トップページ | 張り切って売れてます?? »

2014年6月28日 (土)

カップヌードル・ミーゴレン味をお土産に。

暫く前に、日清食品が本邦で発売したカップヌードル「トムヤムクン・ヌードル」が売れ過ぎて出荷販売が一時停止されたというニュースを目にしていました。
そのタイ風ヌードルバカ売れの陰に隠れて目立たなかったのですが、この日清カップヌードルのエスニック・シリーズ「瞬間アジア気分」にはもう一つ、全く報道には載ってこないのですが、インドネシア風「ミーゴレン」という商品もラインナップされています。
Img20140629044231
パッケージング。厚みがありますね。ちなみに、国内向けは通常「Cup Noodle」、海外向けは「Cup Noodles」と微妙に製品名が違うそうです。

これはインドネシア在留邦人としては試してみないわけにはいきません。
なのですが、近所のスーパーには見当たらず。仕方ないのでAmazonの通販で箱買いすることに。これが帰任出発前日に実家に届いてその大きさに唖然としたのですが、まあなんとかスーツケースにパンパンに詰め込んで買ってきて、昨晩の在留邦人の集まりで友人たちにお土産として披露させていただきました。
で、人にお土産であげる分には、やっぱりちゃんと味見しておかなければならないですよね。早速ですが、食べてみましょう。
Nissin2_2
日清食品のホームページより。

先ずはパッケージ。焼きそばといっても、フライ麺を湯通しするだけの“茹でソバ”ではあります。が、UFOやペヤングといった一般的なインスタント焼きそばの天地に薄いパッケージではなく、随分と深みのある容器に入っているようです。インドネシアの国旗(トムヤムクンの方はタイの国旗)が描かれていますが、「ミーゴレン」の表記はカタカナのみで、インドネシア語の記載はありません。
Img2014062904420
ソースとフライドエシャロットが別包装で入っています。

お湯を入れて3分、湯切り口からお湯を捨て、別袋になっているソースを混ぜ、フライドエシャロットをかけて出来上がり。

さて、困った。自分はグルメ・レポーターや記者にならなくてよかったと痛感。なんて語彙が乏しく、表現力が貧困なんだろう。
フツーに美味しく食べました、で終わっちゃってはわざわざ記事にもできないですよね。
ケチャップ・マニスで味付けしたような、それっぽい味は上手く出しているし、エシャロットの香ばしさが更に食欲をかき立てる上手いアクセントになってる。流石は当地にも進出している日清食品さんだな、と感じられました。
一つ特徴的に感じたのは、思ったより辛かったな、という気がした点。
当地の巷の屋台で食べるミーゴレン、やっぱりインドミーなんかのインスタント麺を炒めて作っているんだけれど、その味付けにはない、ピリピリした辛さを感じました。おそらく、アチャールと一緒に付け合わせでついてくるチャベ(唐辛子)、普段は食べないのだけれど、これを既に刻んで混ぜ込んだらこんな感じの味になるのかな、という雰囲気でした。
Img2014062904421
さあ、いただきましょう。

エスニック料理の世界では、日本ではタイ料理やベトナム料理に比べて遥かにマイナーなインドネシア料理、しかもタイ料理ほど特徴的なものではなく、どちらかというと日本人の味付けに近いインドネシア料理を、わざわざエスニック料理を好んで食べようという人たちが積極的に選ぶかと言われるとちょっと弱いところかもしれません。そんな状況下で日清食品さん、よく選んで商品化していただけました。
ハラール認証はとっていないようですが、原材料を見るにハラムな材料は使われていない模様。
これをインドネシアで売れるか… ん、それは難しいですけどね。価格とか考えても。

|

« 帰任します。 | トップページ | 張り切って売れてます?? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/59896617

この記事へのトラックバック一覧です: カップヌードル・ミーゴレン味をお土産に。:

« 帰任します。 | トップページ | 張り切って売れてます?? »