« 6月ダイヤ改正、JABODETABEK電鉄関係。(報道) | トップページ | アルゴ・パラヒャンガン、橋の上で脱線。 »

2014年6月 1日 (日)

二校(再校)作業中。

さて先週木曜夜、インドネシア鉄道本の二校のゲラがメールで届きだしました。
これを確認、手入れをしてもう一回くらい、所謂“念校”ってのがあるんだと思ったら、どうやら著者校はこれが事実上最後、この後出てくる原稿は、白焼き出しといって、もう数値の修正や漢字の変換ミス直しなどの修正に限られ、行数を動かすような加除訂正は出来なくなるのだそう。
であれば、(でなくても、ですが)最後の踏ん張りということで、念を入れて見なければならないですねえ。

で、初校の手入れ分がちゃんと直ってるかな… これはかなり丁寧に直していただいたようですが、それでもまだ幾つかミスもあるし、それ以上に、初校時に自分で(行数を調整したりするつもりで)直した手入れや“トルツメ”のお蔭で主語が落ちたり文章が繋がらなくなってたりといったところが随分見つかる。
巻末資料も、6月のダイヤ改正の関係で修正が間に合わなかったため、二校で慌てて差し替えなきゃいけない部分が数ページ(このあたり、間違い易いのが怖い)。
2kouaka
二校ではあんまり赤入れちゃいけません的なお叱りもありましたが、ゴメンなさい。

そんなわけで、この週末。土曜日は仕事でマランの大学に行かなきゃならなくて夕方まで丸々潰れてしまったし、今日日曜はスタッフの結婚式に参加してたりして(いや、これはめでたい事なんですが)作業時間が殆ど取れない。しわ寄せはもう夜中に作業するしかない… 眠い。そんな売れっ子作家じゃあるまいし。

発売日遅らせても、もう少し時間かけて慎重にやろうよ…と喉元まで出かかるも、出版社の編集さんからは、「土日も作業するから、出来たところから送ってください」と言われたら、頑張らないわけにはいかないですね、こちらも。実際に週末に先方の職場のアドレスからメールで指示や照会入ってきましたし。小心者の著者にちゃんと締め切りを守って仕事をさせる術を御存じでらっしゃる。
というタイミングで、今度は、校正にあたって事実関係の確認をお願いしていた関係者の方からのコメントが届きだし、これも反映しつつ、取り敢えず土曜の夜までに半分ほど終えて一旦送信、残りは月曜夜までになんとか戻さないといけません。

ああ、産みの苦しみ(笑)
それでも、総ページ数A5版296ページ、巻頭カラー16ページ、巻末に時刻表と路線図など、タイトルもこれで行くのかな。全体像は大体固まったようです。ヤレヤレ。

|

« 6月ダイヤ改正、JABODETABEK電鉄関係。(報道) | トップページ | アルゴ・パラヒャンガン、橋の上で脱線。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/59745236

この記事へのトラックバック一覧です: 二校(再校)作業中。:

« 6月ダイヤ改正、JABODETABEK電鉄関係。(報道) | トップページ | アルゴ・パラヒャンガン、橋の上で脱線。 »