« 帰省シーズン、始まる。 | トップページ | レバラン6連休… »

2014年7月25日 (金)

ジュンブル空港、初乗り♪

さてジュンブル旅行の帰路、肝心の開港したての新空港の話を書いてませんでした。行きがフライトキャンセルだったんで、今日も飛べないと、わざわざ来た意味がなくなってしまうもんね。

去る7月16日に商用開港したばかりのジュンブル・ノトハディネゴロ空港(Bandar Udara Notohadinegoro)、まだネット情報も殆どないのでWikimapiaで探して見ると、ジュンブル市街地から南に8kmほどのアジュン(Ajung)郡というところにある 模様。
昨土曜日の晩に泊まった市内のビンタン・ムリア・ホテルは「土日はお休み」ということで空港送迎のクルマを出してくれなかったので(ホテルとしていいのか、それ)、朝8時半にチェックアウトしてメーター・タクシーを呼んで貰いました。メーター読みで5万5千ルピア、25分ほどで着いたこの空港、旅客ターミナル手前の道がクルマのすれ違いが出来ないほど狭く、今後の改修が必要と思われますが、建物自体は東ジャワ州の東端、バニュワンギのブリンビンサリ空港よりは立派な建物でした。
Apjbb_p1090528
なかなか立派な、ジュンブル・ノトハディネゴロ空港ターミナル・ビル。

建物前にカラフルないすゞの小型バスが停まっていたので聞いてみると、これが市内のアストンホテルとの間を結ぶリムジン・バスとのこと。
案内カウンターによれば、ホテル発は7時半で空港着は8時15分とあるんですが、ちょっと早過ぎないかい。 飛行機は10時よ。
スラバヤからの便が9時半に着いて、接続のバスが9時半発ってのも妙な話。 勿論接続はとるんだろうけど… と思って戻ってからちょっと調べて見ましたら、 今はスラバヤ09:00(GA4302)→09:35ジュンブル、帰路が10:05(GA4303)→10:40スラバヤとなっているのですが、 今月末のレバランのシーズンのスケジュールからは、 SUB発08:40→09:15JBB、帰路はJBB09:45→10:15SUB となっているので、バスのスケジュールの案内幕も、 既にこのスケジュール変更を見越して作られたものなのかな。
Apbusjbb_p1090529
リムジンバスの時刻表。途中停車の「Warna Indonesia」ってのは、どこだろう。

建物の中に入るとまずは通常どおりの荷物X線検査、そしてチェックインカウンター… テーブル1台出して コンピューターと印刷機だけ置いてチェックイン受付中。今日の搭乗客は30数人、72人乗りのATR72機だそうなので、およそ半分の搭乗率といったところか。

Apjbbcheckin_p1090531
チェックインカウンターはこんな感じ。空港ビルとして建設した時に、カウンターを設けることを考えなかったのかね。

隣の搭乗待合室の側には売店一つもないけれど、まあ清潔に整えられ、空調も程よく効いて快適。 乗客数に比べてやたらと職員の数が多く、手持ち無沙汰なガルーダのグランドハンドリング担当の職員さんに話を聞いてみると、 この空港自体は8年ほど前に作られたのだけれど、その後商用定期便は全く飛んだことがなく、何回かチャーターのセスナ機みたいなのが飛んだことがあるだけ、今回ようやく 定期便が就航したとのこと。
Apjbbga4302_p1090535_2
スラバヤからの折り返し便が到着。小型機ですが、頼もしく見えます。

程なく定刻を10分ほど遅れてスラバヤからのGA4302便が到着。搭乗口のドアが開けっ放しで、数人の旅客が滑走路側に出て眺めていたので一緒に到着の様子を眺めていると、降りてきたのも数えてみると40人くらいだろうか。数人の白人の家族連れが目についたけど、どこに行くのかな。この辺にそんな大きな外資の工場とか鉱山とかあったかしら。観光地も特にないしねえ…
Apjbbatr_p1090544
そして飛行機の前を周っての搭乗。建物の脇には見物の地元民が多数。

そして続いてこちらの搭乗。最後部にドアのあるATRなので当然後ろからかと思いきや、わざわざ飛行機の前を大回り しての搭乗。記念撮影する家族連れも見られました。 新型ATR72-600型機はLion Air子会社のWingsで乗ったことがあるけれど、そういえばGarudaのプロペラ機は初めてだな。機体に「Explore」と書かれており、バリをベースにヌサ・トゥンガラ諸島便を飛ばし出した・・・Merpati の運行停止の代替の意味もあるのかもしれないけれど、分離子会社化と思いきや、そうでもないらしい。
Ga4303ca_p1090550
CAさんに出迎えられて、ピカピカの機内へ。

機内は勿論ピカピカ、座席上の荷棚も思ったより広かったのは意外でした。 1,500mの滑走路を南に向けて離陸、雲を抜けるのに多少揺れましたが、ブロモ山や新しく伸びて来た高速道路(Gempol - Pandaan - Pasuruan)間も眺めつつ、快適な空の旅でした。
搭乗時、搭乗券もぎりの際にいつもの「ガルーダ飴」を貰っていたし、こんな実飛行時間30分のプロペラ機で機内サービスもないだろうと思いきや、わざわざキチンとした箱入りの パンと水のセットが配られたのには驚きました。流石はレガシィ・キャリアですね。
Ga4303mealp1090552
機内サービスの箱も、ラマダン仕様。中身は一緒でした。

|

« 帰省シーズン、始まる。 | トップページ | レバラン6連休… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/60046971

この記事へのトラックバック一覧です: ジュンブル空港、初乗り♪:

« 帰省シーズン、始まる。 | トップページ | レバラン6連休… »