« トランス・スラウェシ鉄道、実現へ向けて動き出す? | トップページ | 国鉄PT.KAI本社・図書館訪問。 »

2014年8月22日 (金)

バンドゥン空港へ飛びます。

さて、先般の大統領選挙の結果発表(ジョコウィ勝利)を不服とし、不正があったとして対するプラボウォ候補陣営が憲法裁判所に提訴していた件に対し、昨21日、憲法裁はこれを却下すると発表。これを受けてKPU選管はジョコウィ陣営の当選を正式発表するのですが、ジャカルタでは一部モナスやブンダラン・HI近辺でプラボウォ支持者による多少の示威活動はあったものの、基本的に落ち着いており、98年暴動のような状況にはなりそうもないということで一安心。インドネシアの民主主義もだいぶ成熟してきたという事なのでしょうね、報道などがすごく上から目線で簡単に纏めている書きぶりを引用すれば。

そんなわけで今日は先般の休日出勤の代休をいただき、バンドゥンへ。 半年ほど前、前回来た時は早朝のAirAsia便で飛んだのですが、国内線も路線の改廃激しいこのインドネシア、今回調べてみたらこのフライトは廃止されており、朝の便は08:05発のLion Air JT911便、バンドゥン経由のメダン行き(遠いねー)がちょうど良かったのでこれを利用。
今日もなんとなく座席間隔が少し広い印象のあるB737-800で、この機材、B737-900ERを100機ほども抱える同社としては少数派な筈なのだけれど、このところ時々あたります。今回は事前座席指定で良い席を指定できなかったので窮屈な一般席だったけれど、-900よりは多少膝元に余裕がある気がするのね。しかも、早起きしたため、乗ってしまえば一瞬、ほぼ定刻に出発したこのフライト、1時間強ほどでバンドゥン・フセイン・サストラネガラ空港に到着でした。  
Bdapp1090883
バンドゥン・フセイン・サストラネガラ空港に到着。Air Asiaは時間帯が変わっちゃいました。

この空港、路線バスなどの公共交通機関が入っていないため、高い空港タクシーやハイヤーを使わなければならないのだけれど、今日の目的地・バンドゥン駅近くのPT.KAI本社まで、ハイヤー車で12万、行燈つきの空港タクシーで5万などと暴利を仰る。
スラバヤのジュアンダ空港なんか、メータータクシーで9万ほどで行く我が家まで、空港タクシーでだってRp.105,000しか取らないぞ。しかもDAMRIのバスだって入ってる。これだから独占は困る。

そんなわけで、時間もあったので、空港から少し歩いた道端でメータータクシーで行ったら、たった2万ルピアで行けました。まあ、ここまでケチることもないんだけどさ、後学のため、ご参考ということで。

|

« トランス・スラウェシ鉄道、実現へ向けて動き出す? | トップページ | 国鉄PT.KAI本社・図書館訪問。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/60203167

この記事へのトラックバック一覧です: バンドゥン空港へ飛びます。:

« トランス・スラウェシ鉄道、実現へ向けて動き出す? | トップページ | 国鉄PT.KAI本社・図書館訪問。 »