« 鉄道誌に紹介していただきました。 | トップページ | ジャカルタでの満足な週末。 »

2014年8月 8日 (金)

久し振り(気分)のジャカルタへ。

さて久しぶりにお出掛けしますか… 大連休を家に籠もって過ごしたので、久しぶり感が強いだけかな。
今回は幾つかの用事を兼ねて、自由時間も込みとし、最近よくあるパターンの金曜午後の有給をいただき、空港へ。高速道路直結のターミナル1はガルーダやAirAsiaの入るT2より近くて便利なのだけれど、現在ジャカルタ=スラバヤ便を運行する大手航空会社でこちらを使っているのはLion air、Sriwijaya Air、Citilinkの3社。聞くところによると、Lion AirがT2へ移動するという噂もあるようで、それはなんだか面倒になるなあ。全く個人的な言い分なんだけれど、午後半休をとって12時過ぎに事務所を出たとして、丁度いい時間にジャカルタ行きがあるのが14:10と14:35のLion Airだけで、他の会社の便では、夕食に間に合うように上手くジャカルタに着けないンだよなあ・・・
Jt7378002014080804554
Lion AirのB737-800型機でジャカルタへ飛びます。

さておき本日は14:10発、アンボンからのJT887便はB737-800型。220席も詰め込んだ同社オーダーのB737-900ERに比べ、他社からの中古機らしいこちらの機体はシートピッチが心持ち広く、ありがたい。しかも今回は昨日のうちにネットでチェックインして右側最前列の2Fを確保していたので楽々でした。
この日は15分遅れとほぼ定刻に飛び、ジャカルタに到着してリムジンバス乗り場へ向かうと、ちょうどタイミング良く市内中心部・タムリンシティ行きのリムジンバス(いすゞの小型車、Rp.35,000)が現れ、まだレバランから戻りきっていないのか、比較的空いた市内の道を快走し、スマンギ交差点から地下鉄工事であちこち掘り返されて滅茶苦茶な状況になっているスディルマン通りを北上、ドゥクアタス(スディルマン駅)の道端で下ろして貰い、本日の宿、Accorグループの廉価ブランド、All Seasonsホテルに楽々辿り着きました。こりゃあ楽でしかも安くていいや。

今回の宿、目の前に建物があってその隙間をかいくぐって・・・という感じですが、一応“トレインビュー”(笑)。客室は、高層階(10階以上)の南側“Cityview”部屋であれば、また最上階12階の朝食レストランからは、まあそれなりに電車が見えます♪
Sudirmanallseasonsp1090580
All Seasons Hotel最上階のレストランからスディルマン駅を望む。一応トレインビューなホテルでした。

|

« 鉄道誌に紹介していただきました。 | トップページ | ジャカルタでの満足な週末。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/60146595

この記事へのトラックバック一覧です: 久し振り(気分)のジャカルタへ。:

« 鉄道誌に紹介していただきました。 | トップページ | ジャカルタでの満足な週末。 »