« (初)香港へCXで飛ぶ! | トップページ | 九広鉄路“城際”列車体験。 »

2014年9月 1日 (月)

観光地ピークトラムで並ぶ。

宿に荷物を置いて、先ずは尖沙咀の旅行会社で明日の列車の切符を確保(こちら、手数料なし?含めても同額?で 販売してくれ、紅磡駅まで行く手間が省けてよいです。)、続いて地下鉄で香港島側へ渡り、金環駅から香港 公園側に向かい…で、もうお解りですね。 香港を訪れた日本人であれば一度は必ず行ったことはおありであろう、ピークトラムへ。
Peaktramp1100283
この写真ではあまりそうは見えませんが、建物内と筆者の後ろには長蛇の列が。

ビクトリアピークの上から眺める香港の夜景は一度は眺めておかなければならないし、この時間帯ならまだ夕陽も楽しめるかな…と思ったのが甘かった。 登山口側にあたる一番下の花園道(Garden Road)駅の入り口前には、何重にもウネウネと続く長蛇の 列。
あー・・・この時間じゃあしょうがないのか。平日ということもあってここまでの数の乗客とは思わなかったのけど、考えてみれば当たり前か。
Peaktramp1100286
廃線鉄道の最終列車並み?のピークトラム乗車ホームの様相。

そんなわけで、屋外の高架下で、そして道を渡って駅舎ビル内で再度行ったり来たりしながら、座席定員+α程度しか 乗せないケーブルカーになんとか乗れたのは、1時間以上がたっていました。
当然のことながら、もう夕陽は拝めず。 それでも山上から眺める香港島そして九龍の夜景は綺麗で、「100万ドルの夜景ったって、どうせ香港ドルでしょ?」 などと馬鹿にしたもんでもなかったかな、と。
Peaktramp1100317
夜景をバックに山頂駅に到着するピークトラム。流石にこの明るさでは、止まりませんねえ。

で、下山してから晩ご飯と思っていたのだけれど、結局我慢できず、山上の観光客価格のレストランでビールを開けてしまい、 帰路のケーブルはまた1時間は優に並びそうだったので、山頂広場から少し下ったところにあるバスターミナルから、2階建てバスで下界へ下りました。

ところでこのケーブルカー、途中に4駅ほどの停留所があり、乗り降りができることになってる筈なんだけれど、今回当方が乗った便は、始発から終点の山頂駅まで無停車でした。どうなってるのかな??

|

« (初)香港へCXで飛ぶ! | トップページ | 九広鉄路“城際”列車体験。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/60261462

この記事へのトラックバック一覧です: 観光地ピークトラムで並ぶ。:

« (初)香港へCXで飛ぶ! | トップページ | 九広鉄路“城際”列車体験。 »