« 中部ジャワに新列車。しかもARS-KRD使用! | トップページ | 来年1月、エコノミ列車運賃、補助金廃止により値上げ。 »

2014年9月29日 (月)

じゃか新、電車記事、もう一歩頑張れ!

今日のじゃかるた新聞には、ちょっと「おっ!」と思った報道が一つ。

「「国内初の電車」修復 旧市街で観光用運行も」、と題する記事によれば、国鉄PT.KAIがこのほど、「インドネシアで初めて運行した電車」の修復を終え、今後コタを中心に旧市街で観光列車として復活させる計画を進めていると明らかにしたとのこと。

インドネシアで最初の電車と言えば、1899年にバタヴィア電気軌道会社BETMが導入した市内電車なんだけれど、この当時の車両は現存していないはずだし、国鉄PT.KAIが復活させるというのだから、1925年に現在のJABODETABEK電鉄を構成するジャカルタ近郊電鉄区間のタンジュン・プリオク~ジャティネガラ間が電化開業した時に導入されたオランダ製の電車か、であれば、拙著の106ページでレストアを呼びかけたのが早速実施されたか、とワクワクしながら記事を読み進めてみたら…

「「ボンボン」の名で知られるインドネシアで初めての電車は1920年ごろに製造され(中略)「ボンボン」は「ジョコトブ」に名前を変え、路線を修復中のコタ~タンジュン・プリオク~アンチョール間を観光列車として週末に運行する予定。」とある。
おいおい、ボンボンはESS3201号って、電気機関車ですよ。電車じゃない。(ボンボン、はこちら
そして「3両からなり、126人が乗車できる。」って、お待ちください。ボンボンは機関車であり、乗車スペースなんかないです。ボンボンに客車を連結し、それに乗客が126人乗車できる、っていう話でしょう。そしてこの客車の素性については触れてないんです、記事では。
そして、駅の並び順は、「コタ~アンチョール~タンジュン・プリオク」と並んでいるわけで、コタ始発、タンジュン・プリオクで折り返してアンチョールに戻ると書きたいのか、地図で位置関係を確認せずに、国鉄側の記者向け発表をそのまま書き写したっぽく思えちゃいますね。
で、ボンボン、名前変えちゃうの?
32p6_krloldbd
この電車のレストアかと思って期待しちゃったじゃないですか…

更に続きを読んでいくと、
「さらに蒸気機関車SS600「サン」を4億ルピアかけて復元し、中部ジャワ州ソロで観光列車として運行する計画も進める。木製の「サン」は1889年製造で~」と。

えーっと、蒸気機関車が木製ですと? 燃えちまうよ(笑)
で、インドネシア国鉄における戦中以降の機関車車番付与法則に基づけば、「SS」なんて記号はあり得ないですよね。駆動軸数+2ケタの番号が基本で、駆動軸を2組備えるマレー式の場合(CC50など)やナロー記機の場合(TD10など)はアルファベットが2つ続くのだけれど、SSなんてのはつけられない。恐らくは、蘭印国鉄SS(Staats Spoorwegen)の時代に導入された機関車で、当時の車番なのでしょう。

で、調べてみますと、こちら、1960年頃までタナアバン~ランカスビトゥン路線の列車を牽引した後、中部ジャワチェプー方面に転籍後に廃車。アンバラワ鉄道博物館に保存されていたもの。暫く前からレストアがされ、最近同博物館近隣の動態保存区間のうち、勾配のない東方面路線でのチャーター運行を開始していた、独ハノマーク製で1902年に蘭印国鉄SSに導入された、600型612号機、後に改番されてB5112号機となったものでした。600型自体は1900年から導入されているので、初号機の製造開始は、記事にあるとおり1889年なのかもしれません。
こちらも記事では「5車両編成で210人が乗車できる。」と書かれていますが、機関車は1両(と炭水車)だけで5両編成じゃない。後ろに客車を5両(あるいは機関車と炭水車を除いて3両)連結するってことですよね。
Ambp1020140
2010年11月、アンバラワ鉄道博物館の車庫でレストア中の当該機。

いずれも、情報自体はあまりローカル紙にも載ってないいいニュースなんですから、もう少し考えて(調べて)書いてくれると、読み手の誤解を招かず、嬉しいのですが。なんなら当方に聞いてくれてもいいですし。(国鉄PT.KAIのプレスリリースはこちら

因みに記事の最後では、「国鉄によると、インドネシア各地にオランダ植民地時代の車両が1200両あり、30両が完全な形で残っているという。」なのだそうで、30両というのは保存機関車や数両の客車貨車と思われますが、残る1,170両が何なのか、どこにどんな(不完全な)形で残されているのか、とっても気になります。

|

« 中部ジャワに新列車。しかもARS-KRD使用! | トップページ | 来年1月、エコノミ列車運賃、補助金廃止により値上げ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/60397065

この記事へのトラックバック一覧です: じゃか新、電車記事、もう一歩頑張れ!:

« 中部ジャワに新列車。しかもARS-KRD使用! | トップページ | 来年1月、エコノミ列車運賃、補助金廃止により値上げ。 »