« 夏休みおしまい。帰ります。 | トップページ | スラバヤ空港閉鎖!?  »

2014年9月 7日 (日)

ジョグジャへ遺跡を見に。あ、フツーの旅行だ。

さてドンドン書いてない宿題が溜まっていくな。 バックデートして書いてます。
週末の6日土曜日は、朝08:15発の急行81列車「Sancaka」にてジョグジャへ。今回は以前ロジでお世話になった某政府系機関の遺跡好きの友人が東京から遺跡観光に来て(かつ色々お土産を買ってきて)くれたので、そのお供で、久しぶりのプランバナンとボロブドゥールへ。
Sancaka20140906046172
朝のスラバヤ・グブン駅から「サンチャカ」号でジョグジャへ。これは固定窓化された二等Bisnis車。

週末ともあって車内はちょっとお出掛けといった感じの有閑マダム様達や、町内会のグループといった感じの皆様で満席、出発前からスナックや飲物が近くの席で飛び交い、実に姦しい。
早めのお昼ご飯を車内持ち歩きの食堂車御飯で済ませた後、13時少し前、ほぼ定刻に到着したジョグジャカルタ・トゥグ駅には、もう10年近く時々お世話になっているジョグジャの旅行会社「エンジェ・ウィサタ」さん手配のイノーバに出迎えて貰い、先ずは市街地東方のブランバナン遺跡へ。
Bmbp1100490
ジャワ中部地震からの修復は、中心部は一通り終わったブランバナン遺跡。

相変わらず外国人と見るや寄って来て、一緒に写真撮影を求める修学旅行生達のお相手を適当にして(これはやっぱり先生が、そうやって外国人と英語でコミュニケーションしてみましょう的な指導をしているんだろうなあ)、次は地元運転手ならではの裏道をあちこちすり抜けて、ちょっと時間的に厳しいかな?と心配していたのだけれど、なんとか無事にボロブドゥールへ移動。
こちら、夕方18時半の夕暮れ時前には一般観光客はセキュリティに追い出されてしまうのだけれど、西側にあるマノハラ・ホテルのカウンターで夕陽観光として別途の(高い)チケットを買って入ると、特別のシールを貼って貰えて、その一番綺麗な時間帯までいられるという、なかなか上手い商売をやっておられます。
ちなみにこちらの料金、一般の入場料金が20ドルほどなのに比べ、終了後のお茶菓子サービスと、ちょっとしたバティックのお土産がついて38万ルピアといいお値段なのだけれど、KITASなど在住資格を持っている外国人については25万ルピアと、2/3ほどと少しお安くなっております~。(ブランバナンの方も、一般の外国人は20万ルピア程しますが、KITASホルダー等はお安くなっとります)
Brbp1100511
ボロブドゥール遺跡から眺める夕暮れ。この後残念ながら曇ってしまいましたが、特別料金組だけの静かな夕暮れ時は、素敵なひと時でした。

|

« 夏休みおしまい。帰ります。 | トップページ | スラバヤ空港閉鎖!?  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/60321679

この記事へのトラックバック一覧です: ジョグジャへ遺跡を見に。あ、フツーの旅行だ。:

« 夏休みおしまい。帰ります。 | トップページ | スラバヤ空港閉鎖!?  »