« 空港新線車両、固まる。 | トップページ | スラバヤ発のエアアジア機、失踪。 »

2014年12月27日 (土)

機関車突っ込む!

年末年始に更新をサボってしまい、バックデートな記事になってしまい恐縮です。
当地報道各紙によれば…って、ジャカルタ在住の友人達のFBでの書き込みで概要を知ったのですが、26日朝、ジャカルタのターミナル・コタ駅で回送列車を牽引した機関車がオーバーラン・脱線するという事故が発生したとのこと。
141227kompasjakk04945
突っ込んだ機関車が引っ張り出されたのは、事故から2時間後の事だった由。新聞記者よりFB友達の写真の方が臨場感あったな(苦笑)。KOMPAS紙より。

記事本文によると事故が起こったのは午前06:20頃、アルゴ・パラヒャンガン号となる予定の列車というから、ガンビル06:45発の予定臨、36列車バンドゥン行きだろうか。08:30発の24列車だろうか。ジャカルタ・コタ東方の車両区に留置していた9両編成の列車をガンビル駅に回送するため、コタ駅の電鉄10番ホームに一旦入れて、折り返す作業をする過程だったところ、牽引してきたCC201-8907号機が然るべき停止位置にて停止せず、車止めを乗り越えて乗客待合スペースに突っ込んで停止するという事故だった由。
この事故で電鉄中央線のコミューター列車の運行に大きな支障が出た他、アルゴ・パラヒャンガン号に40分の遅れが出た、と記事にはあるのですが、まさか事故の回送用機関車はともかく、残りの客車編成をそのまま営業運転列車に使用したんかいな。
日本の常識であれば、当該編成は安全検査をしっかりしなきゃいけないかと思うのだけれど、予備編成殆どなしでやってるこの国、しかも12月26日なんて帰省ラッシュのド真ん中、突然の運休なんて大混乱を招きかねないから、そのまま使ったのか。
ホントだったらちょっと怖いです。
141227jawaposjakk04947
Jawa Pos紙は更に遅く、機関車は引き揚げられて、電車の運行が再開された後の現場写真を掲載していました。

国鉄PT.KAIの新社長エディ・スクモロ氏はインタビューに答え、乗客各位にご迷惑をおかけして申し訳ない、原因は今後調査されるが、二度と同じような事故を繰り返さないよう、徹底して調査を行いたいと述べていました。
それはそれで当然の事ではありますが、70tの大型重量機関車が、それほどスピードが出ていた訳ではないだろうに、止められなかった車止めって、いいのかそれで。
141227jakartapost04948
目にした限りで一番リアルな写真だったのは、Jakarta Postでしたね。

|

« 空港新線車両、固まる。 | トップページ | スラバヤ発のエアアジア機、失踪。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/60929246

この記事へのトラックバック一覧です: 機関車突っ込む!:

« 空港新線車両、固まる。 | トップページ | スラバヤ発のエアアジア機、失踪。 »