« ハリム空港、いい時ばかりじゃない。 | トップページ | ウォノギリ支線再開への動き、現状。 »

2014年12月 7日 (日)

休暇から突如出張へ。

ジャカルタ滞在中の昨日土曜日、上司から電話がかかって来て、同僚らと何回かのやり取りの後、急遽今日の夜からマカッサルに出張に行く ことになった。
午後には仕事があるので、そもそも朝のフライトでスラバヤに戻る予定にしてたのでそれとの関係では自腹払ってのフライト変更などは生じなかったのだけれど、やっぱりそれに伴って諸々の事務所内の調整を要し、まず一番にやんなきゃいけないのはフライトの確保。
調べてみると、日曜夕方にスラバヤからマカッサルに向かうフライトは、17時半のGarudaの後は、21:40発のSriwijaya Air、これだとマカッサル着が 深夜0:15になってしまい、迎えのクルマを出して貰うのも気が引ける時間だし、ホテル着いたら1時半だろう。明日が大変だ。
なのでなんとか夕方の便に間に合わせることにしてさらに人繰りを調整、雨の中市内スナヤン・スクエアまでタクシーで往復して(この辺の少額の自腹はもう仕方がない)、中にあるガルーダ航空のオフィスで随分待たされながらも取り敢えずチケットは確保してやれやれ。
Sub2014120704872
GA667便、SUB→UPGのCRJ機。バス搭乗だったけど、ちょうど雨が止んでて濡れずに済んだわ。

そんなわけで今朝は少し早起き、FXからタクシーで久し振りのスカルノ=ハッタ空港に向かい、08:50発のGA308でスラバヤへ。最近はハリムばっかりだったけど、日曜朝のこの時間は流石に渋滞しないな。
スラバヤ空港に着いてみれば、運転手が事故渋滞にはまって迎えに来ておらず、それはそれで仕方がないんだけど、電話もSMSの一本も入れてこないのにブチ切れ、まだ暫くかかるというのでタクシーで取り敢えずアパートに立ち寄って着替えを準備、事務所に出勤して出張準備。
Ga6672014120704873
SUB→UPG間1時間10分。この距離・時間だと、機内サービスはこの程度ね。滞空時間1時間半を超えると、まともなホットミールが出て来る感じです。

夕方になって再度空港へ向かい(今度は事務所のクルマが現れず再度イラつきつつ)、1番搭乗ゲートからバスに揺られて乗り込んだのはGA667便、機材は細長ーいCRJ1000という ローカル線用の機体で、キャパが小さいこともあってほぼ満席。
東インドネシアの首根っこになる拠点都市マカッサルと、スラバヤとを結ぶ路線。他にもLion, Sriwijaya, Citilinkなど主要各社が飛ばしており、他社は皆B737を使用。ガルーダにとってはローカル線なのか? マカッサルから先の各都市への便の回送を兼ねた運行なんだろうか。ちょっと意外です。

ともあれ、取り敢えずほぼ定刻にマカッサルのスルタン・ハサヌディン空港に到着、市内のサンティカ・ホテルにチェックインし、 マカッサル事務所の先輩同僚と遅めの晩御飯。フグを揚げたのがとても美味しかったのが収穫でした。
Upg2014120704875
晩御飯は、マカッサル名物なの?トラフグの唐揚げ、など。

|

« ハリム空港、いい時ばかりじゃない。 | トップページ | ウォノギリ支線再開への動き、現状。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/60805727

この記事へのトラックバック一覧です: 休暇から突如出張へ。:

« ハリム空港、いい時ばかりじゃない。 | トップページ | ウォノギリ支線再開への動き、現状。 »