« ジェンガラ号、やっぱり乗ってないそうで。 | トップページ | JABODETABEK電鉄に、FeliCa導入! »

2015年2月 3日 (火)

ナンボ支線、旅客営業開始へ向けて。

先日、ジャカルタ東部の電鉄区間がブカシからチカランまで延伸されるという話を書いたところですが、もう一路線(あ、もう一つ空港鉄道もありましたね)、JABODETABEK電鉄区間の仲間入りしそうな路線が出て来ました。

今日の当地インターネット・ニュースサイト、「Detik.com」によると、以前沿線探訪をしたことのあるジャカルタ南方のボゴール市域内に入るのかな、ボゴール線のチタヤムから東に延びる、ナンボ支線にこの4月からも旅客電車が走り出すのだそうです。
記事を読んでみると、JABODETABEK電鉄運行会社、PT.KCJの広報担当エヴァ・チャイルニサ女史が昨3日述べたところによると、本件はPT.KCJ側としての準備は整っており、国鉄PT.KAIと政府運輸省に一任されている、何編成の列車がこの区間の運行に供されるか等の詳細についてはまだ判明していない、とのこと。
更に、現在は貨物輸送にのみ利用されているこの区間が旅客営業を開始すれば、沿道の混雑も緩和されることが期待される、と付け加えています。
150203detiknambo2
今のところニュースサイト「Detik.com」だけが伝えてました。

ということで、実際に4月に旅客営業が開始されるかは未確定の模様ですが、ナンボ支線のチビノン付近は、高速道路経由でジャカルタ市内のTrans Jakarta路線へ直通するAPTBのバスが頻発しており、ジャカルタ市内とを結ぶ旅客需要は極めて多いエリア(昨日のジェンガラ号路線とは大違いです。)です。
ナンボ支線は4両分程度のホーム延長しかないので、本線のチタヤムとの間でピストン運行する形とするのか、ジャカルタ市内の中央線や環状線から直通するのかはわかりませんが、まあ、またジャカルタ近郊路線に新しい仲間が増えるのを楽しみに待ちましょうかね。
Cibinongp1080867
沿線の中心駅となるであろう、唯一上下列車交換可能なチビノン駅。

|

« ジェンガラ号、やっぱり乗ってないそうで。 | トップページ | JABODETABEK電鉄に、FeliCa導入! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/61081710

この記事へのトラックバック一覧です: ナンボ支線、旅客営業開始へ向けて。:

« ジェンガラ号、やっぱり乗ってないそうで。 | トップページ | JABODETABEK電鉄に、FeliCa導入! »