« 久し振りだと、ちょこちょこ変わってます。 | トップページ | シンガポール経由で一時帰国します。 »

2015年2月17日 (火)

お早いお帰りで。

ジャカルタからの帰路は、最近多いハリム発、なのだけれど、今日は速めの19:30発のCitilink、QG807便。
本来ならば更に1時間遅い20:30発まで、スカルノ=ハッタ発なら22時過ぎ頃までフライトがあって、早目の晩御飯を食べてから戻って来られるのだけれど、残念ながらこのところ暫く、これら遅い時間帯の便は悉く運休となってしまっています。

というのも暫く以前から、スラバヤのジュアンダ空港の滑走路に問題… 滑走路の舗装面に穴が開いたか亀裂が入ったかだかしている模様で、夜間の時間帯を使って集中補修工事を行うため、夜間22時から空港閉鎖というか、離発着が出来なくなってしまっているようなのです。

というわけで、この時間帯以降にスラバヤを出発、あるいは到着するフライトはすべてキャンセル、予約済みの乗客は他の時間帯の便に強制変更させられているわけなのですが、
(先週のバリからの帰路も、お陰で早目の戻りとなり、同僚と夕食を取ることが出来ませんでした…)ジャカルタからスラバヤまでの実質フライト時間は1時間10分ほど。キチンと定時に離発着すれば、20時半発でも十分閉鎖時間前に到着できる筈なのですが、これは遅れを見越してという事なのでしょうかね。
Img2015021205022
別の日に第2ターミナルで撮ったものですが、22時から6時まで、到着便がありません…

兎も角、帰って来れないのなら仕方がありません。この日はデポックなど市内南東側をウロウロしている予定だったので、ハリム発を予約(スカルノ=ハッタ発なら、20:15最終というのがあったようですが)したわけ。
少し早めに空港に着いたので、チェックインカウンター・フロアに新しくオープンした有料ラウンジ(11万ルピア)で夕食を取りつつ一休み、この日(15日日曜夜です)は珍しく到着便の遅れから20分ほど遅れての搭乗開始となりましたが、ターミナルビルの目の前に横付けされた機材への徒歩での搭乗と離陸はスムーズ、スラバヤに着いてドアが開いたのは、10分遅れ程に短縮されていました。

しかし、いつまで続くのかね、これ。
あと、もし新幹線が出来てれば、ジャカルタ20時発位まで運転される筈だよね。それに乗り遅れても「銀河」みたいな夜行列車に乗れば、翌朝の始業前にスラバヤに着けたりするといいよね… そんな思いが頭をかすめた夜のフライトでした。
Qga320wingp1100803
最近はウイングレット(シャークレットって呼ぶらしいです。)つきの新型A320が多いハリム=スラバヤ便。“最終便”のためか、今日も満席でした。

|

« 久し振りだと、ちょこちょこ変わってます。 | トップページ | シンガポール経由で一時帰国します。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/61176955

この記事へのトラックバック一覧です: お早いお帰りで。:

« 久し振りだと、ちょこちょこ変わってます。 | トップページ | シンガポール経由で一時帰国します。 »