« 走れ新幹線。 | トップページ | 充実の初チカラン往訪。 »

2015年3月21日 (土)

Batik Airで週末ジャカルタへ。

さて先週末は市内の大学の日本文化祭の関係で潰れたので、今週末はフリー。東京からいつものK原君が来てる事もあるので、他に幾つかアポなど入れて、ジャカルタへ飛ぶことにしました。
150321id6391a32005100
Batik Airの新型機A320(NEOではないそうです)。乗ったのは蛇腹搭乗でまともな写真が取れなかったので、隣に停まっていた機材で失礼します。

今日のフライトは若干ノンビリ目に起きて、08:20発のBatik Air ID6391便。前日にインターネットチェックインしようと思ったのだけれど、何故かLion Air(ここの系列会社なのです)のサイトで予約番号と名前を打ち込んでも完了せず、3列掛けの真ん中なんぞに押し込まれたら嫌だな、と思っていたのだけれど、いざチェックインしようとすると、「前方が良ければ〇列目だけれど真ん中ね、通路側が良ければ20列目」という親切なご案内で、無事に隣の空いた20C席を確保。
150321batikair05099
各国言語で表記される立派な大画面TVがついていますが、イヤホンの提供はなし。
そして“フルサービス”な機内食。
150321batikair05098

このBatik Airという会社、インドネシア最大のLCCであるLion Airのフルサービス子会社で、シートピッチ広め、機内エンターテイメントつき、機内食提供、等を売りにしているのだけれど、前回の経験から、ジャカルタ=スラバヤなんて1時間ほどの短距離路線で“食事”に期待できないのはもうわかっており、せめて定時に飛んで貰えれば十分です… と別に期待もせず、単に時間帯だけから選んだのだけれど、今日は無事に10分早発、20分近く早着するという好運航でした。Lion Air系列会社だって、ちゃんとやれるんじゃない。
ちなみにこれまでは親会社とおなじB737-900を使って来ていたのだけれど、この度A320NEOを大量に導入したそうで、今日のフライトもこの新しい機材でした。
150321damricikarang05101
空港からこの中型リムジンバスで東のチカランへ直行。

スカルノ=ハッタ空港からは、DAMRIのバス(5万ルピア。1時間に1本くらいしかない)で東の工業団地があるチカランへ直行。工業団地をいくつか回る運行ルートなのかと思いきや、高速のチカラン西インターを出た所で「各工業団地方面はこちらで下車ー」という声がかかり、バスはここから北に折れてチカランの市街地に向かってしまう模様。
なんか違う気がするけど、需要はそっちなのだろうかね。

|

« 走れ新幹線。 | トップページ | 充実の初チカラン往訪。 »

コメント

2016年1月20日、A320neoの初号機がデリバリされました。
受領したのはルフトハンザで、レジはD-AINA。
初便は1月24日のハンブルク~ミュンヘン線に投入される予定です。

> 記事は早速修正しておきます。

投稿: Wati | 2016年1月22日 (金) 12時44分

Wati様、
ご指摘ありがとうございます。当地紙で「Batik AirでA320NEO導入引き渡し」と書いてあったので、そう思い込んでしまいました。記事は早速修正しておきます。

投稿: 落花生。 | 2015年4月 5日 (日) 00時27分

A320neoは現在開発段階で、1機も販売実績がありません。

投稿: Wati | 2015年4月 3日 (金) 00時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/61323150

この記事へのトラックバック一覧です: Batik Airで週末ジャカルタへ。:

« 走れ新幹線。 | トップページ | 充実の初チカラン往訪。 »