« 充実の初チカラン往訪。 | トップページ | シドトポの山にお墓参り… »

2015年3月23日 (月)

自動券売機導入!は半分ガセでした。

今日日曜日は(以前書いたスラバヤ空港の夜間工事閉鎖の影響もあり)早目に帰ることとし、17:30ハリム発のCitilink便を確保。
昼間はK原君にお付き合いして、その友人達も交えて昼間っから軽く一杯の後、向かったのは市内中心部の国鉄ガンビル駅。

暫く前の「じゃかるた新聞」に、「ガンビル駅とパサールスネン駅に、自動券売機導入!」という記事を見かけて、確認して試しに使ってみるため。
記事によると、「国鉄はこのほど、中央ジャカルタのスネン駅構内に自動券売機「e―kiosk」2機を導入した。購入者がチケット窓口で並ぶ必要がなくなり、待ち時間を短縮できる…」とのこと。
いずれも近郊電車KRLは停車しない(パサールスネンの外回り便のみ停車)駅なので、販売するのは中長距離列車の模様。これまでコンビニなんかで自分で購入できる端末は導入されているし、これに印刷機と、肝心なのは、汚れたり破れたりしていることも多い当地のお札をキチンと読み込んで自動精算できるか、という点ですな。

ところがガンビル駅に着いてみると、北口・南口ともそれらしい機械は見当たらない。カスタマーサービスを訪ねて訊いてみると、曰く「ああ、あれはソフトオープンですよ」って。
こんなものもソフトオープンというか、式典だけやって、実際に使えるようになるにはまだ時間がかかるのか。
まあそれでもいいから見てみたい。どこにあるの?「いや、ここにはまだないですよ。パサールスネンにはあるんじゃないですか。」って、オイオイ。
じゃかるた新聞では、ガンビルにもあるって書いてあったぞ。確認してないのか? 記事では、「スネン駅のサンティカ駅長によると、同券売機はガンビル駅にも設置済み。」って、あれ、伝聞になってるじゃないか。記者が自分で確認して、使ってみたりしたわけじゃないんだな。嘘ついてないけど、イカンなあ…
150322cawang05113
チャワン駅。左手の上り線側最後部出口から出て階段を上がった上の幹線道路からハリム空港に向かうのが一番早くて安いルートか。

そんなわけで空振りに終わった(パサールスネンまで行く時間もなく)バスで隣のジュアンダ駅へ移動(だから、なんでガンビルから電車乗れないのさ)、ブカシ行きと環状線からのボゴール行きを乗り継いで市内南部ボゴール線のチャワン駅へ。
ここで駅南口を出てすぐ立体交差する幹線道路からタクシーでハリム空港へ移動(空港乗入料金込みで3万ルピアほど)、今日は少しだけ遅れたスラバヤ行きCitilink QG185便でスラバヤに戻り。
いや、今日は離陸直後から着陸直前まで、いやあ揺れた揺れた。
150322qg186halim2
今日のCitilink便は、少し古い型の(シャークレットのついていない)A320でした。

|

« 充実の初チカラン往訪。 | トップページ | シドトポの山にお墓参り… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/61338283

この記事へのトラックバック一覧です: 自動券売機導入!は半分ガセでした。:

« 充実の初チカラン往訪。 | トップページ | シドトポの山にお墓参り… »